Horse Life(競馬名実況集)

競馬名実況集

(2005年1月〜6月)
ここでは管理人のなかで印象に残っている競馬実況の一部を載せていきます。
2005年1〜6月2005年7〜12月
2005年京成杯(1着アドマイヤジャパン)
「外から来た来た来た!アドマイヤジャパン!アドマイヤジャパン! 大外シックスセンス!
アドマイヤジャパン!アドマイヤジャパン! 不良馬場も克服〜!力の違いを見せつけました!
アドマイヤジャパン横山典弘! そして外からシックスセンスが飛び込んで来ました!」
(青嶋達也アナウンサー)
2005年日経新春杯(1着サクラセンチュリー)
「ナリタセンチュリーとサクラセンチュリー!ナリタセンチュリーとサクラセンチュリー!
おおっと馬体がぶつかっているぞ!さあ先頭はこのあたりでコイントスだ! コイントス先頭か!
マーブルチーフ!マーブルチーフ! ちょっとナリタセンチュリーは不利がありましたが、
先頭はマーブルチーフだ!マーブルチーフで200を通過した! 先頭マーブルチーフ!
外からストラタジェム!ストラタジェムが突っ込んできた! それからサクラセンチュリー!サクラセンチュリー!
マーブルチーフ!コイントス!コイントス! サクラセンチュリー!サクラセンチュリー!
サクラセンチュリーが勝ちました!サクラセンチュリー!サクラセンチュリーです!
そしてマーブルチーフが内で2番手か!しかしナリタセンチュリーには不利がありました!
ナリタセンチュリーはっきりと不利がありました!
ゴール板をまず最初に駆け抜けたのは4番のサクラセンチュリーそしてマーブルチーフ!
しかしこの競争は審議、審議のランプが点いています。」
(石巻ゆうすけアナウンサー)
2005年若駒S(1着ディープインパクト)
「ディープインパクトがジワジワと迫ってきた! 残り200を通過!一気に加速!!
ディープインパクト衝撃の末脚! 一気に抜けた!強い!強すぎる! 4番ディープインパクト!
強い印象を残してゴールイン! クラシックに向けてまた印象的なレースを披露しましたディープインパクト! 」
(梶原誠アナウンサー)
2005年平安S(1着ヒシアトラス)
「先頭は4番のヒシアトラスだ! ヒシアトラス、リードを3馬身くらい広げている! 2番手ブラックコンドル!
ジンクライシスは3番手までか! ヒシアトラス〜! 初めての連勝、そして初めての重賞です!
ヒシアトラス! 福永祐一です! 2番手争いはややきわどくなりました! 勝ちタイム1分50秒3!
最内ぴったりヒシアトラス! 最後は3馬身から4馬身のリードがありました! 」
(岡安譲アナウンサー)
2005年東京新聞杯(1着ハットトリック)
「ハットトリックだ〜!ハットトリックやった! ハットトリック4連勝〜!
7戦6勝という成績になりました! サンデーサイレンス産駒ハットトリック、武豊!人気に応えました!」
(長谷川豊アナウンサー)
2005年京都牝馬S(1着アズマサンダース)
「アズマサンダース!アズマサンダース抜け出した〜! 藤岡佑介重賞初制覇!人馬共に重賞初制覇!
6番のアズマサンダース!しかしこの競争は審議、この競争は審議のランプが点いています!
今日は差してきましたアズマサンダース!直線、力強く抜け出しました!」
(石巻ゆうすけアナウンサー)
2005年ダイヤモンドS(1着ウイングランツ)
「ウイングランツが抜けている!ウイングランツ先頭! ハイフレンドトライが2番手!ハイアーゲームは伸びない!
チャクラも来ている!チャクラも来ている! さあしかし前2頭の争いはウイングランツ〜!
ウイングランツ松岡正海〜! 人馬共に重賞初勝利! 51キロ軽ハンデ、ウイングランツ! 」
(伊藤利尋アナウンサー)
2005年フェブラリーS(1着メイショウボーラー)
「さあ直線向いた!最後の直線500MフェブラリーS! メイショウボーラー!
不良のダート、これは彼に味方をしたか! 400M標識を通過!しかしこの舞台はG1だ!
後続がまだ4馬身差あるとはいえ、どんどん迫ってきているぞ! さあユーイチ!メイショウボーラー!
ラチに頼るように先頭キープ! 2番手外からヒシアトラスが迫ってくる! シーキングザダイヤ上がってくる!
それから内からストロングブラッド! 200を通過した! 先頭メイショウボーラー!メイショウボーラー粘る!
メイショウボーラー粘る! 外からはヒシアトラス!シーキング!シーキング! 前から2馬身差!1馬身差!
迫った迫った迫った! しかし、新チャンピオン誕生メイショウボーラー! 時代が変わった!
新チャンピオンの誕生です! メイショウボーラー福永祐一!悲願のG1タイトルゲット! 」
(青嶋達也アナウンサー)
2005年弥生賞(1着ディープインパクト)
「外からスルスルスルスル音もなくディープインパクトが上がってきた! さあ東でも炸裂するか衝撃波!
直線向いた、皐月に向かって弥生賞! さあディープインパクト!さあディープインパクト!
内でまだダイワキングコン粘る! マイネルレコルトと並ぶ! 並ぶ間もなくかわすか!
しかし2歳チャンピオンの意地内から差し返す! 内からアドマイヤジャパン!内からアドマイヤジャパン!
しかしディープインパクト!アドマイヤジャパン!アドマイヤジャパン! ディープインパクト!
勝った!勝った!3連勝!詰め寄られた!しかし勝った! デビュー3連勝!ディープインパクト!
(青嶋達也アナウンサー)
2005年阪神大賞典(1着マイソールサウンド)
「3頭の叩き合いはマイソールサウンド〜! マイソールサウンド!本田優です!
3分6秒2!上がり3ハロン35秒0! 早めに仕掛けたマイソールサウンド本田優! 鮮やかに1着!
リンカーンとアイポッパーは届きません! サクラセンチュリーも追い込み不発!」
(馬場鉄志アナウンサー)
2005年日経賞(1着ユキノサンロイヤル)
「さあコスモバルクは粘れるか! ちょっとこのあたり苦しい体勢になりました! 外からユキノサンロイヤル!
内から3番のトウショウナイト! 前2頭の争い!トウショウナイト僅かにリード!
外からユキノサンロイヤルが迫った! 前2頭並んでゴールイン! 勝ったのはユキノサンロイヤルか!
内3番トウショウナイトが粘っていました! コスモバルクは6着か! 」
(矢野吉彦アナウンサー)
2005年高松宮記念(1着アドマイヤマックス)
「外からアドマイヤマックス!アドマイヤマックスかわして先頭に変わる!
アドマイヤマックス2馬身のリードをとった! アドマイヤマックス!プレシャスカフェ!
さらにキーンランドスワン! アドマイヤマックス〜!アドマイヤマックスです!武豊〜!
アドマイヤマックス武豊〜! 善戦続きのG1戦線にピリオドを打ったアドマイヤマックス〜!
そして武豊、初めてのG1高松宮記念をゲット〜! アドマイヤマックスです!大外枠もなんのそのでした!
G1級の力があると言われていたアドマイヤマックス、この中京競馬場高松宮記念1200Mで見事開花!」
(斉藤誠征アナウンサー)
2005年ダービー卿CT(1着ダイワメジャー)
「赤い帽子がさあ先頭に踊り出た!ダイワメジャー先頭だ! ステッキ1発2発3発4発!
そして2番手はまだダンツが粘っているが外からトレジャー上がってくる!
大〜外からチアズメッセージが飛び込んだ!!2着接戦!
そこは皐月賞馬の貫禄!トップハンデものかは!ダイワメジャー柴田善臣快勝〜!」
(青嶋達也アナウンサー)
2005年桜花賞(1着ラインクラフト)
「外からラインクラフト先頭! ラインクラフト!デアリングハート!そこへ襲い掛かってきたシーザリオ〜!
ラインクラフトか!シーザリオか! ラインクラフト!!ラインクラフト!!
やっぱり強いトライアルホース、ラインクラフト! 福永祐一2度目の桜花賞制覇です!
福永祐一プリモディーネに続いて2度目の桜花賞制覇! やっぱり強かったラインクラフト!
(馬場鉄志アナウンサー)
2005年皐月賞(1着ディープインパクト)
「さあ横に大きく広がってくる中、ここがディープの晴れ舞台となるか!
早くもディープインパクトが先頭に立っている! マイネルレコルト頑張っている!
それからアドマイヤジャパンも来ている! 一気に突き放すか!ディープインパクト先頭に立っている!
それからシックスセンスがなんと2番手上がって来ている! 先頭はディープインパクト〜!!
武豊、3冠馬との巡り会い! まずは皐月、第1関門突破です!
そして2着にはなんとシックスセンスが飛び込みました! 勝ち時計1分59秒2!上がりの3ハロン34秒5!
頭数の少なかった弥生賞、その弥生賞と同じようなレース運び!18頭でも変わりませんでした! 」
(塩原恒夫アナウンサー)
2005年フローラS(1着ディアデラノビア)
「そして一番外からディアデラノビア!武豊ディアデラノビア! 内からレースパイロット!ピサノグラフ!
ピサノグラフ!レースパイロット! しかし外からディアデラノビア!一気に、一気に前をまとめてかわした〜!
ディアデラノビア素晴らしい末脚!武豊!桜の舞台には立てませんでしたが、今オークスへ向かいます!
ディアデラノビア鮮やかな末脚一閃! 」
(吉田伸男アナウンサー)
2005年天皇賞春(1着スズカマンボ)
「さあ先頭はビッグゴールド! シルクフェイマス飲み込まれたか!
外からチャクラ!外からヒシミラクル!一番外からブリットレーン! 内へ潜り込んでザッツザプレンティ!
間を叩き出してアイポッパー! 藤田の右ムチが飛んでいる! ビッグゴールド粘る粘る粘る!
しかし外が伸びる! 外からサンライズペガサス! さらにマカイディービーヴァ!マカイディービーヴァ!
大外からハーツクライ!内からスズカマンボ〜! 内からスズカマンボ!スズカマンボ!
ビッグゴールド、アイポッパー!そしてトウショウナイト!! ・・勝ったのはスズカマンボ安藤勝己!
スズカマンボです!3分16秒5!直線は内をすくったスズカマンボ! 」
(馬場鉄志アナウンサー)
2005年NHKマイルC(1着ラインクラフト)
「さあ桜花賞馬2冠なるか!ラインクラフト先頭だ! 2番手はデアリングハート!
桜花賞上位勢が先着だ! ラインクラフト2冠達成〜! 恐ろしい新たな女傑の誕生です!
最内をスルスルとマイルにめっぽう強い福永祐一! 素晴らしい騎乗です!
そして2着には桜花賞3着からここに、このレースに参戦デアリングハート!牝馬2騎だ! 」
(青嶋達也アナウンサー)
2005年京王杯SC(1着アサクサデンエン)
「後ろからは来ない!切れ味が完全に殺されている! 先頭はアサクサデンエン!
アサクサデンエン1着!2着オレハマッテルゼ!大波乱〜!
アサクサデンエン!強く降り続けた雨、切れ味が完全に殺されていました! 」
(長谷川豊アナウンサー)
2005年オークス(1着シーザリオ)
「先頭はエイシンテンダー!エイシンテンダー! ジェダイト!エアメサイアちょっとヨレた!
外からディアデラノビア! さらにはシーザリオ!外からシーザリオ!粘っているエイシンテンダー!
エアメサイアちょっとヨレている! ディアデラノビア!ディアデラノビア!ディアデラノビア!
エアメサイア!エアメサイア! 外から一気にシーザリオまとめてかわす!! シーザリオ〜!!
黒い馬体が弾んでシーザリオ!
福永祐一に導かれてシーザリオ、見事に、見事にオークスを制しました!
ゴール前まとめて一気に抜き去りました!シーザリオ福永祐一! 」
(吉田伸男アナウンサー)
2005年日本ダービー(1着ディープインパクト)
「さあ早くも先行馬を捕らえる形でディープ、最後の直線コースに入っています! 横に大きく広がっている!
レースを引っ張ったのはインティライミ先頭だが、外で赤い帽子ディープインパクトが上がってくる!
最後の坂にかかっている! 内のほうでインティライミ頑張っているが、早くも、早くもディープインパクト先頭か!
内ラチ一杯インティライミも頑張った!残り200を切りました! さあ〜ディープディープ!
上がって来ているのはディープインパクト! インティライミ2番手!態勢まったく変わらない!!
このスピード!そしてこの強さ〜!!ついに決めた13年ぶり!!無敗の2冠馬誕生!!
そして秋の京都へ衝撃は引き継がれます!!

(塩原恒夫アナウンサー)
2005年安田記念(1着アサクサデンエン)
「まだ6番のローエングリンが先頭か!ローエングリンが先頭だ! そしてサイレントウィットネス!
そしてテレグノシスが上がって来る! 大外からテレグノシスが上がって来る!テレグノシス!
そしてもう1頭はブリッシュラックだが! さあ、まだ、 ここで先頭に立つのはサイレントウィットネスか!
サイレントウィットネスか! 外からスイープトウショウも上がって来た!スイープトウショウ!
そしてアサクサデンエンも上がって来る!アサクサデンエンも上がって来る! さあ前三頭の争いか!
僅かにアサクサデンエンが抜けた!アサクサデンエン!!アサクサデンエン!!
前走京王杯レコードから一気にG1初制覇! しかしこのレース審議!このレース審議です!
アサクサデンエン!香港馬を振り切りました!
勝ち時計が1分32秒3!1分32秒3! 素晴らしいタイムが出ています!
G1初挑戦、京王杯で波乱を呼んだこのアサクサデンエン、24戦目にしてG1制覇か! 」
(佐野瑞樹アナウンサー)
2005年宝塚記念(1着スイープトウショウ)
「さあ先頭は15番のタップダンスシチーだ!タップダンスシチー先頭!
タップダンスシチー先頭ですが、リンカーン! 真ん中からリンカーン!リンカーン!
外から何とスイープトウショウ!外から何とスイープトウショウがここから先頭に変わる! 真ん中ゼンノロブロイ!
ゼンノロブロイ! 外からハーツクライが突っ込んで来る! 先頭スイープトウショウ!スイープトウショウ!
ハーツクライ!ゼンノロブロイ! なんと、スイープトウショウだっ!! スイープトウショウだ!
ハーツクライが2番手! ・・牝馬のスイープトウショウです!やりました池添謙一!
秋華賞に続いてG1制覇! この牝馬は強い!
・・安田記念の2着に続いてここ宝塚記念でもスイープトウショウ! ・・場内が騒然としています! 」
(石巻ゆうすけアナウンサー)


2005年1〜6月2005年7〜12月
Horse Life(競馬名実況集)