Horse Life(競馬名実況集)

競馬名実況集

(2006年1月〜6月)
ここでは管理人のなかで印象に残っている競馬実況の一部を載せていきます。
2006年1〜6月2006年7〜12月
2006年中山金杯(1着ヴィータローザ)
「シルクネクサスがこのあたりで先頭ですが外から懸命にキングストレイル! 間を通ってコンラッド!
えー、ヴィータローザが上がって来ている!ヴィータローザ! さらにはカナハラドラゴン!
外からは、最後方から12番のアサカディフィートも突っ込んできた! さあどうでしょう!
内からはヴィータローザ、外からは12番のアサカディフィート2頭の争い!」
(矢野吉彦アナウンサー)
2006年京都金杯(1着ビッグプラネット)
「外から10番グレイトジャーニーが突っ込んで真ん中からエイシンドーバーも突っ込んでくる!
しかし前はビッグプラネット!外は7番のニューベリーだ! ビッグプラネット!
間からは一気にアルビレオも突っ込んで前3頭ゴールイン!
5番のビッグプラネットか!それからエイシンドーバーにアルビレオ!」
(寺西裕一アナウンサー)
2006年新春S(1着メジロハンター)
「一番外からようやくニシノデュー! ニシノデューとシュペリユールが突っ込んできた!
内からアドマイヤコンドル! 先頭はニシノデューに変わるか! しかしプリュネル粘っている!
プリュネル粘っている! ニシノデュー! 大〜外からメジロハンターがまとめて差し切りました!
シンデレラボーイも2着争い! 大外から武豊メジロハンター差し切り!」
(馬場鉄志アナウンサー)
2006年共同通信杯(1着アドマイヤムーン)
「アドマイヤムーンだ!アドマイヤムーン1着!2着フサイチリシャール! 2歳王者敗れる!
勝ったのは武豊とアドマイヤムーン! 5戦4勝鮮やか!クラシックに堂々名乗りを上げました!」
(長谷川豊アナウンサー)
2006年きさらぎ賞(1着ドリームパスポート)
「先頭はメイショウサムソン!グロリアスウィーク! 外からアドマイヤメイン!外からアドマイヤメイン!
内からマイネルスケルツィ! そしてドリームパスポートやってきた! ドリームパスポート先頭に変わる!
外からメイショウサムソン!グロリアスウィーク! 内からマイネルスケルツィ! ドリームパスポート〜!
ドリームパスポートです安藤勝己! 馬場の真ん中を割りました! メイショウサムソン懸命の抵抗も2着!
3着はマイネルスケルツィ!勝ち時計は1分47秒4!上がり3ハロン34秒9!
今日は切れましたドリームパスポートです! 」
(馬場鉄志アナウンサー)
2006年フェブラリーS(1着カネヒキリ)
「カネヒキリが上がってくる!カネヒキリ上がってくる!先頭に立とうとしている!
シーキングザダイヤがG1を取れるか!それともカネヒキリか!外からカネヒキリ!外からカネヒキリ!
まだユートピア頑張っている!しかしカネヒキリが先頭に立った!カネヒキリ先頭! シーキングザダイヤ!
そして3番のユートピア! ユートピア!そして11番のブルーコンコルドが4番手!
カネヒキリが抜けた!カネヒキリが抜けた! 最強ダートホースのタイトル防衛です!
タイトル防衛、14番のカネヒキリと武豊! これでドバイへの世界制覇に旅立ちます!

(佐野瑞樹アナウンサー)
2006年アーリントンC(1着ステキシンスケクン)
「ステキシンスケクンがリードを取っている! 逃げるシンスケクン!ステキシンスケクン逃げていく!
2馬身から3馬身またリードを広げた! アマノトレンディー!さらに内からはロジック!
キンサシャノキセキは伸びない! ハードパンチ繰り出されない!
先頭9番のステキシンスケクン逃げ切り!ゴールイン! ムテキシンスケクン!
ステキシンスケクン! 見事な逃げ切り!スピードを生かしました! 」
(梶原誠アナウンサー)
2006年阪急杯(1着ブルーショットガン)
「ローエングリンとスナークスズラン!これは大波乱になるのか! さらにはオレハマッテルゼ!
ブルーショットガン!松永幹夫が飛んでくる!松永幹夫が飛んでくる! ミッキー頑張れの声援が飛ぶ!
しかしスナークスズランか!ブルーショットガンか! さらにはオレハマッテルゼ!
外から13番コスモシンドラー! 松永幹夫!なんとなんとブルーショットガンです!
大きな拍手が飛んでいる! 松永幹夫、最後の重賞で見事有終の美!
大きな声援が飛んでいます!ブルーショットガン松永幹夫です!

(岡安譲アナウンサー)
2006年オーシャンS(1着ネイティヴハート)
「前は大混戦になった!一気にネイティヴハートが抜けてゴールイン! 抜けました5番のネイティヴハート!
内田博幸あっと言わせましたこのレース! ネイティヴハートなんと8歳馬!ここで見事な復活! 」
(矢野吉彦アナウンサー)
2006年ファルコンS(1着タガノバスティーユ)
「さあ先頭はアイアムエンジェル逃げる逃げる! レッドスプレンダー! ウエスタンビーナス!
外からタガノバスティーユ!タガノバスティーユ突っ込んできた! タガノバスティーユ!
父の手掛けたこの馬で再びスプリントの王道へ! 池添謙一とタガノバスティーユです!
今日も追い込み炸裂! 後方から一気の末脚を見せました! 」
(高木大介アナウンサー)
2006年阪神大賞典(1着ディープインパクト)
「完全に先頭はディープインパクト! ディープインパクト!ディープインパクト!
あとゴールまで200Mであります! 春の疾風を切り裂いてディープインパクト!
2馬身、3馬身、4馬身リードが広がった! 天皇賞へ、そして海外遠征へ!武豊、最後は持ったまんま!
5馬身のリード!素晴らしい復活劇です!ディープインパクト! 2着は1番のトウカイトリック!
勝ち時計は3分8秒9です!上がり3ハロンは37秒5! 今日は何かもう3コーナーからスパートして、
直線は逆風の中を、他馬をねじ伏せましたディープインパクト! 実に強い競馬っぷりであります!」
(馬場鉄志アナウンサー)
2006年ゴドルフィン・マイル(1着ユートピア)
「さあ叩いた叩いた武豊!ユートピア先頭! ユートピア先頭!マーブッシュ!マーブッシュ!
そしてジャックサリヴァン!ジャックサリヴァン! その後はシャモーンなど!
さあ先頭はユートピアだ!ユートピア! 4馬身5馬身リード!2番手は接戦!
ユートピア先頭でゴールイン! ユートピア!見事にゴドルフィン・マイル逃げ切り勝ち!
圧勝でした!日本馬の力、このドバイの地でまず、まず見せ付けたユートピア! 」
(中野雷太アナウンサー)
2006年UAEダービー(1着ディスクリートキャット)
「抜けたのはディスクリートキャット!ディスクリートキャット2馬身3馬身リード!
内ラチ沿い叩いてフラムドパシオン2番手に上がってくるか!
フラムドパシオン2番手に頑張っている! フラムドパシオン2番手に上がってくる! その後テスティモニー!
テスティモニーが追って、 さあフラムドパシオンに並んでいきますが3番手から2番手!
フラムドパシオン3番手粘れるか! 先頭はディスクリートキャットゴールイン!圧勝でした!
さあフラムドパシオン3着か! テスティモニーが僅かに2番手に見えました!
フラムドパシオンそれでも、それでも中団後ろから内ラチ沿い脚を伸ばしてなんとか3着はキープ出来たか! 」
(中野雷太アナウンサー)
2006年ドバイ・シーマ・クラシック(1着ハーツクライ)
「ハーツクライが先頭だ!ハーツクライ!リードを広げたか! 1馬身から2馬身のリードを取る!
コリヤーヒル鞭が入っているが、ハーツクライ追っている! ハーツクライ追っている!
リードを1馬身から2馬身変わらない! ハーツクライ先頭だ! コリヤーヒル2番手!3番手フォルスタッフ!
そしてその後ウィジャボードは離れた4番手だ! またリードを広げた! ハーツクライ!行くぞハーツクライ!
4馬身5馬身とリードを広げる! 2番手争いはコリヤーヒルかフォルスタッフか! しかし関係ない!
ハーツクライ逃げ切ってゴールイン!ハーツクライやった!ハーツクライ! 日本のハーツクライ!
逃げ切りました!手が上がったルメール騎手!世界を相手にハーツクライやりました!

(船山陽司アナウンサー)
2006年ドバイ・ワールド・カップ(1着エレクトロキューショニスト)
「先頭はウィルコか! ブラスハット!ブラスハット! エレクトロキューショニスト追い込んでくる!
エレクトロキューショニスト! エレクトロキューショニスト!ブラスハット粘る!
エレクトロキューショニスト捕らえた! エレクトロキューショニスト先頭! 2番手ブラスハット!
ウィルコ3番手! エレクトロキューショニスト、ゴールイン! カネヒキリは5番手の入線!
スターキングマンは7、8番手! またも立ちはだかりましたエレクトロキューショニスト! 」
(船山陽司アナウンサー)
2006年高松宮記念(1着オレハマッテルゼ)
「オレハマッテルゼが抜けた! オレハマッテルゼ!ラインクラフト! シーイズトウショウ!
さらにプリサイスマシーン! オレハマッテルゼ!! 初めての1200でオレハマッテルゼ柴田善臣!
甘さが残ったマイル、1400、実は一番ハマったのは1200でした!

オレハマッテルゼ柴田善臣! あのキングヘイローの時を彷彿とさせる素晴らしい騎乗!
そして新たなるスプリンターの誕生!オレハマッテルゼ! 」
(斉藤誠征アナウンサー)
2006年桜花賞(1着キストゥヘヴン)
「アサヒライジング逃げる逃げる! 外からキス、アドマイヤ!アドマイヤキッス!コイウタ!
大外からキストゥヘヴン!大外からキストゥヘヴン! アドマイヤキッス!キストゥヘヴン!
安藤勝己のキストゥヘヴンです! 大外から差し切りましたキストゥヘヴン!
アドマイヤキッスではありません、こちらのキスでした! キストゥヘヴン! 天国へのキスです!
(馬場鉄志アナウンサー)
2006年中山グランドジャンプ(1着カラジ)
「カラジ先頭リードが2馬身! その後ろ3番手にテレジェニックが来ているが、 外からテイエムドラゴン!
外からテイエムドラゴン! しかし先頭はカラジ!カラジ先頭! テイエムドラゴン外から来ている!
3番手にテレジェニック! どうだ!カラジ!水車ムチ!水車ムチ! 外からテイエム!
外からテイエム! カラジだ!またカラジだ〜!今年もオーストラリアのカラジ〜!

(長谷川豊アナウンサー)
2006年皐月賞(1着メイショウサムソン)
「4コーナーカーブ残り400! さあギュッと一団になります! 先頭フサイチリシャールに変わる!
メイショウサムソン!外のほうからインテレットあたりも来ている! 内ナイアガラどうか!
最内突いてドリームパスポート高田! 後はさあ来た来たフサイチジャンク!
そしてアドマイヤムーンも来ている! 大混戦大混戦! しかしメイショウサムソン!メイショウサムソン!
それからドリームパスポートも突っ込んで来る! メイショウサムソン!ドリームパスポート!
メイショウサムソーーーーン!! ついに掴んだG1タイトル石橋守!
ずーっとこの馬を手掛けてきた男がこの馬と一緒に大きな大きなクラシックのタイトルを掴みました!」
(青嶋達也アナウンサー)
2006年フローラS(1着ヤマトマリオン)
「先頭は白い帽子ブロンコーネ!オリオンオンサイト!外からアクロスザヘイブン!
そして3番のヤマトマリオン! ヤマトマリオン!ヤマトマリオンだっ!
ヤマトマリオンが最後は1馬身のリードでゴール! 菊沢隆徳です!先週に続いてオペラハウス! 」
(福原直英アナウンサー)
2006年アンタレスS(1着フィフティーワナー)
「休み明け、重賞初挑戦、初制覇!強い競馬を見せました!勝ち時計は1分49秒0!タイムも早い! 」
(石巻ゆうすけアナウンサー)
2006年天皇賞春(1着ディープインパクト)
「さあ800の標識で早くもディープは4番手、4番手から3番手!
ローゼンクロイツの外へ馬体を併せに行きました! 早々とディープインパクトは先頭だ!
早くもディープインパクト先頭で、あとゴールまで600Mの標識を過ぎている! さあ第4コーナー!
2番手はローゼンクロイツ、シルクフェイマス! 外から猛然とリンカーン!横山典弘の左ムチが飛んでいる!
大外からマッキーマックスとストラタジェム! マッキーマックスとストラタジェム! リンカーン追い込んだ!
リンカーン追い込んだ! 逃げる、逃げる、逃げる、逃げる、懸命に逃げるディープインパクト!
あと200M差は詰まらない! ディープインパクト!3馬身、4馬身のリードがある! 2番手はリンカーン!
3番手ストラタジェム! ディープインパクトです!ディープインパクト〜!
ハーツクライよ、ハリケーンランよ待っていろ〜! ディープインパクトです!
これで文句なく世界の桧舞台へ、ディープインパクト! 勝ち時計は3分13秒4!
天皇賞レコードが記録されました! なんとあのマヤノトップガンのレコードを1秒更新しています!
大変なタイムであります、そして大変な勝ちっぷり!改めてこの馬の強さ、怪物ぶりを十分に堪能致しました!」
(馬場鉄志アナウンサー)
2006年NHKマイルC(1着ロジック)
「キンシャサノキセキ! キンシャサノキセキが一気に捕らえた! かわしたかわした!キンシャサノキセキ!
内からロジック!さらにはファイングレイン! ロジック!ロジック!ロジック!
なんとなんとロジック、ファイングレイン! ロジックだ〜!!ロジック〜!

2番手にファイングレイン!外からキンシャサノキセキ! 混戦を断ったのはロジック!武豊! 」
(吉田伸男アナウンサー)
2006年京王杯SC(1着オレハマッテルゼ)
「オレハマッテルゼがリード!そして2番手には7番のインセンティブガイが上がってきた!
そのあとネイティヴハート!先頭は12番のオレハマッテルゼ!G1馬の貫禄、逃げ切ってゴールイン!
オレハマッテルゼ、圧倒しました! G1馬!さすが!59キロを克服!
1分21秒8、ゴールまで800Mから46秒6、600Mから34秒6!
高松宮記念を制したスピードに物を言わせて今日は逃げ切り勝ち!オレハマッテルゼ、快勝です! 」
(矢野吉彦アナウンサー)
2006年ヴィクトリアマイル(1着ダンスインザムード)
「ダンスインザムードだ!ダンスインザムードここで先頭! 外からエアメサイア!外からエアメサイア!
先頭はダンスインザムード!外からエアメサイア! ダンスか、エアか!ダンス〜!!ダンスインザムード〜!!
4コーナー入り口で内に入れたダンスインザムード! 北村宏司初めてのG1タイトル! 」
(伊藤利尋アナウンサー)
2006年オークス(1着カワカミプリンセス)
「4コーナーカーブから直線! ここからが勝負、そしてここからが未知の距離へのチャレンジです!
さあ67回オークス!先頭に立ったのは、先頭に立ったのはアサヒライジング! アサヒライジング先頭!
内でシェルズレイ! 外のほうからヤマトマリオン!最内突いてシークレットコード!
叩いて上がるカワカミプリンセス! さらに外からフサイチパンドラが上がって来る! 坂を上りきる!
さあ最後の根性比べになって参りました! 先頭は、さあこれは、、アサヒライジング200の標識粘っている!
同じ5枠カワカミプリンセスが真ん中抜けてくる! 外からフサイチパンドラ!外からフサイチパンドラ!
カワカミプリンセス!フサイチパンドラ!内で粘るアサヒライジング! 抜けた抜けた!カワカミプリンセス!
無傷のオークス馬誕生!!カワカミプリンセスです!! 本田優がやりました!カワカミプリンセス! 」
(青嶋達也アナウンサー)
2006年日本ダービー(1着メイショウサムソン)
「メイショウサムソン!さあ抜けて来るか! ここで伸びて来るか!最後の坂にかかっている!
それからフサイチリシャールも頑張っている! メイン粘る!メインが粘る!
さあそしてしかしメイショウサムソンが前を捕らえる! 残り200を切りました!メイン粘る!
さらにその外を通りましては15番のドリームパスポートも続いて来ている!
抜け出した!メイショウサムソン抜け出した! メイショウサムソン抜け出した!2冠に向けて!
アドマイヤメインが逃げ粘る2番手! 今1着でゴールイン!メイショウサムソン2冠達成!
皐月ダービー決めました! 瀬戸口厩舎、有終の2冠達成! メイショウサムソンです!
そして2着にはアドマイヤメインが逃げ粘りました!
3着争いにドリームパスポートが突っ込んでくるという今年のダービー!
2分27秒9、上がりの3ハロン35秒3という競馬! 勝ったのは石橋守!22年目、2冠達成の瞬間です! 」
(塩原恒夫アナウンサー)
2006年安田記念(1着ブリッシュラック)
「さあ先頭に立とうとしているのはオレハマッテルゼか! 黒い帽子が上がってきた!
ブリッシュが上がってきた! ブリッシュラックが先頭に立つ!ブリッシュラック先頭に立つ!
外から15番のオレハマッテルゼ! さらにはグレイトジャーニーなども上がってくるが、
しかしここは4番のブリッシュラック! ブリッシュラック先頭! 2番手にジョイフルウイナー!
香港馬のワンツーか! 15番のアサクサデンエンも突っ込んでくるが、 勝ったのは4番のブリッシュラック!
これで100万ドルを制覇しました、ブリッシュラックです! しかしこの競争、審議のランプが灯っています!
勝ったのは香港馬ブリッシュラック! チャンピオンズマイルに続いてこの安田記念を制しました! 」
(佐野瑞樹アナウンサー)
2006年CBC賞(1着シーイズトウショウ)
「さすがレコードホルダー!牝馬で57キロ、そのハンデも関係なし!シーイズトウショウ! 」
(加藤晃アナウンサー)
2006年マーメイドS(1着ソリッドプラチナム)
「ヤマニンシュクルは伸びがよくない! ライラプス!ライラプス!内からマイネサマンサ!
外からオリエントチャームが突っ込んできた! 内からはシールビーバック! 大外からサンレイジャスパー!
一番外からソリッドプラチナム! さあマイネサマンサか!サンレイジャスパー、ソリッドプラチナム!
49キロ安部幸夫、ソリッドプラチナム差し切ったか! 3歳馬のソリッドプラチナムであります!
ゴール前非常に激しい競馬になりました! サンレイジャスパーです!(?) 」
(馬場鉄志アナウンサー)
2006年宝塚記念(1着ディープインパクト)
「外から動いていく外から動いていく!あっという間に取り付いた! 凄い、凄い、凄い脚でやってくる!
先頭は13番のバランスオブゲーム! 直線を向いてきた!2番手ダイワメジャーですが、
外から8番のディープインパクト! 8番のディープインパクト!捕らえる捕らえる!
バランスオブゲーム粘る! 200を通過した! 外から8番ディープインパクト!強い〜!!
夢をかなえてくれる馬、これが日本の代表ディープインパクト! 強い!圧勝!4馬身!ゴールイン!
ロンシャンのスタートラインがはっきり見えました! ディープインパクト強い!京都競馬場、三度衝撃!
強すぎます!・・場内騒然!菊花賞、天皇賞春に続いて京都競馬場に三度衝撃が走りました!

(石巻ゆうすけアナウンサー)
2006年帝王賞(1着アジュディミツオー)
「さあ、逃げる2番アジュディミツオーを捕らえにかかりましたカネヒキリ! 早くも一騎打ちの構えか!
内がアジュディミツオー、外がカネヒキリ! 並んで直線コース! しかし先頭まだまだアジュディミツオー!
アジュディミツオー先頭!並んでくるカネヒキリ! カネヒキリが並んでくる! さあ人気2頭の一騎打ちになるか!
3番手サイレントディールが上がってきて前の2頭を追ってきました! その後ろから1番のコアレスタイム!
200を切って逃げるアジュディミツオー!外から迫るカネヒキリ! 2頭の競り合いが続いている!
3番手サイレントディール!その後ろ離れました! 前の2頭一騎打ち! 内がアジュディミツオー!
外がカネヒキリ! アジュディミツオーが振り切った!ゴールイン! アジュディミツオーやりました!
カネヒキリを下しました!アジュディミツオー! 内田博幸騎手ガッツポーズ!

レースタイム2分2秒1、上がり4ハロン49秒2、3ハロン37秒フラット!
マイペース持ち込みまして2番アジュディミツオー外から迫るカネヒキリを振り切りました!
アジュディミツオー逃げ切り勝ち!レースタイム2分2秒1、これはレコードタイムかと思われます! 」
(山中寛アナウンサー)


2006年1〜6月2006年7〜12月
Horse Life(競馬名実況集)