Horse Life(競馬名実況集)

競馬名実況集

(2007年7〜12月)
ここでは管理人のなかで印象に残っている競馬実況の一部を載せていきます。
2007年1〜6月2007年7〜12月
2007年函館スプリントS(1着アグネスラズベリ)
「内からアグネスラズベリか!アグネスラズベリ内から差し切った! 勝ち時計1分8秒9!
ゴール前はきわどい態勢ですが、 内からスルスルと2番のアグネスラズベリ!今年も牝馬が勝ちました! 」
(吉田雅英アナウンサー)
2007年クイーンS(1着アサヒライジング)
「アサヒライジングが先頭です!アサヒライジング先頭! 真ん中からはイクスキューズ!
外からデアリングハートが上がって来るか! 外からデアリングハート上がって来るか!
さらにその外からはフサイチパンドラも上がって来ていますが、 先頭アサヒライジングまだ粘っている!
外からディアチャンスなども上がって来ていますが、しかし先頭はアサヒライジング!
アサヒライジングです!待望の重賞初制覇です! 」
(加藤寛アナウンサー)
2007年新潟記念(1着ユメノシルシ)
「さあ先頭はユメノシルシ!吉田豊!ユメノシルシ!外からトウショウヴォイス! さらにはヤマニンアラバスタ!
ヤマニンアラバスタ! トウショウボーイ! 前はどうか!ユメノシルシだ! 逃げ切りました!ユメノシルシ!
直線一人旅! 後続の追い上げを振り切りました! 2年ぶりの重賞制覇、吉田豊! 」
(福永一茂アナウンサー)
2007年セントライト記念(1着ロックドゥカンブ)
「ロックドゥカンブ来ている! そしてその外から栗毛の馬体、ゴールデンダリアが来た!
ゴールデンダリアが一気に来るか! 先に先頭に立ったのはロックドゥカンブですが、外からゴールデンダリア!
追いつくか!?追いつくか!? しかし突き放した!ロックドゥカンブです! ロックドゥカンブ!
2着ゴールデンダリア!2分12秒フラット、2分12秒フラット! 重賞連勝ロックドゥカンブ! 」
(福原直英アナウンサー)
2007年ローズS(1着ダイワスカーレット)
「先頭5番のダイワスカーレット!内から鋭くベッラレイア! ベッラレイア!真ん中レインダンス粘っている!
5番のダイワスカーレット!桜花賞馬のこれが底力! ベッラレイアが2番手、レインダンス3番手!
桜花賞馬、ここは横綱相撲!ダイワスカーレット!力が違います! ベッラレイアは2番手まで! 」
(石巻ゆうすけアナウンサー)
2007年エルムS(1着メイショウトウコン)
「さあ先頭はマコトスパルビエロか!マコトスパルビエロ! しかし先頭はメイショウトウコンに変わった!
あっさりと抜ける!リードは2馬身3馬身!これは強い! マコトスパルビエロ2番手粘れるか!
イブロン、そして外から懸命にロングプライドが今3番手、2番手まで上がれるか!
先頭メイショウトウコン、快勝ゴールイン! メイショウトウコン強い競馬でした!
ガッツポーズを見せました鞍上、池添謙一! 東海Sに続いて連勝です、メイショウトウコン! 」
(小林雅己アナウンサー)
2007年神戸新聞杯(1着ドリームジャーニー)
「外からドリームジャーニー来た!さあ武豊、ドリームジャーニー一気に来た!
アサクサキングス粘っている!内でヴィクトリーだ! 外からドリームジャーニー! アサクサキングス粘る!
しかし先頭はドリームジャーニー1馬身のリード! ドリームジャーニーです! 2分24秒7!
阪神の外回り、まことに手の内に入れている武豊! 見事にドリームジャーニーで差し切りました! 」
(馬場鉄志アナウンサー)
2007年スプリンターズS(1着アストンマーチャン)
「アストンマーチャンだ!アストンマーチャン!アイルラヴァゲイン2番手! プリサイスマシーンが3番手!
外からサンアディユはまだ4番手から5番手! キングストレイル外から今4番手から3番手!
しかし先頭はアストンマーチャンだ! アストンマーチャン逃げ切った!!
2番手に突っ込んできたのはサンアディユか! 勝ったのは7番のアストンマーチャン中舘英二!
見事な逃げっぷり!見事にスプリンターズS、G1を制しました! アストンマーチャンです! 」
(吉田伸男アナウンサー)
2007年毎日王冠(1着チョウサン)
「さあしかし外からはチョウサン来た!チョウサン抜けた! チョウサン一気に抜けた!
ダイワメジャー!チョウサン! 外からはアグネスアークも来ている! 2番手も危ういかダイワメジャー!
先頭はチョウサン!2番手はアグネスアーク! ダイワメジャー秋初戦敗れました!
なんとチョウサン! それもレコードタイム、時計1分44秒2! 」
(青嶋達也アナウンサー)
2007年京都大賞典(1着インティライミ)
「ポップロック抜けたか!ポップロック抜けたか! 外からインティライミ凄い脚で突っ込んできた!
インティライミ!インティライミ!ポップロック!ポップロック! インティライミが抜け出してゴールイン!
ポップロック2番手!3番手アルナスラインか! 完全復活!インティライミ完全復活です!
(石巻ゆうすけアナウンサー)
2007年秋華賞(1着ダイワスカーレット)
「先頭はダイワスカーレットだ!ダイワスカーレット踏ん張るか! 間を突いてレインダンス!
外からダービー馬が襲ってくる〜! ウオッカが来た〜!弾けるか! 残り100!ダイワ粘るか!
外からレインダンス! さらにはウオッカ! ベッラレイアようやく4番手まで上がってくる!
ダイワスカーレット!ダイワスカーレット2冠達成〜! ダイワスカーレット2冠達成!
牝馬最強世代の頂点はダイワスカーレット!
G1の舞台でまたしてもウオッカを破りました! 」
(岡安譲アナウンサー)
2007年菊花賞(1着アサクサキングス)
「先頭はホクトスルタン!ホクトスルタン横山典弘! 外からアサクサキングス! アサクサキングス!
アルナスライン!アルナスライン! そしてロックドゥカンブようやく差を詰めてきたが、
先頭はアサクサキングス! アサクサキングス!アルナスライン! アサクサキングス!アルナスライン!
3番手外からドリームジャーニー! エイシンダードマン! 内からロックドゥカンブ! アサクサキングス〜!
アサクサキングスです! アサクサキングス!アルナスライン! 3着ロックドゥカンブ!
ゴール前、火の出るようなデッドヒートは四位洋文のアサクサキングスと和田竜二のアルナスラインです! 」
(馬場鉄志アナウンサー)
2007年天皇賞秋(1着メイショウサムソン)
「メイショウサムソン武豊は内から先頭に踊り出るのか! 内を突いてローゼンクロイツ!シルクネクサス!
メイショウサムソン!コスモバルク! メイショウサムソン来た!そして赤い帽子カンパニー!
外からアグネスアークだ! 外からアグネスアークが来た! アグネスアーク先頭か!
内でメイショウサムソン頑張っている! メイショウサムソン!メイショウサムソン! カンパニー!
メイショウサムソン!カンパニー! メイショウサムソン先頭だ! カンパニー!外からアドマイヤアーク!(?)
そしてアグネスアーク来ている! しかし先頭はメイショウサムソンだ! 武豊!武豊が押し切った〜!
2着争いは外アグネスアークか! メイショウサムソン武豊! 力強く右手でこぶしを握りました!
天皇賞春秋連覇! しかしこのレース審議、審議の表示が示されています! 」
(吉田伸男アナウンサー)
2007年ファンタジーS(1着オディール)
「先頭は14番のエイムアットビップ!エイムアットビップが先頭だ! まだ7馬身ぐらいのリードがある!
ムチが入ってオディール! ムチが入ってオディール懸命に差を詰めて200を通過する!
オディール2番手! そして3番手にエイシンパンサー! しかし先頭14番エイムアットビップ!
止まった止まった!エイムアットビップ止まった! かわしたオディール!
オディール一気にかわしたところでゴールイン! 2番手にエイムアットビップ!3番手にエイシンパンサー!
最後の最後にかわしました3番のオディール! 逃げたエイムアットビップは2番手! エイシンパンサー3着!
安藤勝己騎手初騎乗、ペースを守って差し切りました! 」
(石巻ゆうすけアナウンサー)
2007年エリザベス女王杯(1着ダイワスカーレット)
最強3歳牝馬世代!ダイワスカーレット!ウオッカのためにも負けられない!
ダイワスカーレットです!フサイチパンドラをそしてスイープトウショウを一蹴しました! 」
(馬場鉄志アナウンサー)
2007年マイルCS(1着ダイワメジャー)
「フサイチリシャール!オリビエペリエ! 真ん中からはマイネルシーガル! さらにはダイワメジャー!
その外を通っては一気にスーパーホーネット! ムチが入ってダイワメジャー!
スーパーホーネットが差を詰めてくる! ダイワメジャー!スーパーホーネット!
連覇か!?それとも初めてのG1優勝か!? 先頭はダイワメジャー!スーパーホーネット!
さらにはスズカフェニックス! 勝ったのはダイワメジャーです! ダイワメジャー連覇達成!安藤勝己!
やはり強かったダイワメジャー!マイルG1これで3連勝です!
(大橋雄介アナウンサー)
2007年ジャパンカップダート(1着ヴァーミリアン)
「さあヴァーミリアンか!内で懸命にフィールドルージュが粘った! しかしヴァーミリアンだ!1馬身のリード!
見事な末脚! ヴァーミリアンが1馬身のリード!フィールドルージュが2番手! 3番手サンライズバッカス!
ヴァーミリアン優勝ゴールイン! ヴァーミリアン優勝! 武豊騎手が右手を上げました!
これで武豊騎手、重賞250勝目、ジーワン60勝目、ダート交流ジーワン20勝目!
3つの記録をいっぺんに打ち立てました! 1番人気に応えたヴァーミリアン快勝!レコードタイムです! 」
(矢野吉彦アナウンサー)
2007年ジャパンカップ(1着アドマイヤムーン)
「さあ今、馬群が一塊になった! 最後の直線を迎える!
世界の強豪を相手に壁となるこの東京の最後の坂に向かって、今向かってまいりました!
さあここでメイショウサムソン!そしてウオッカ!メイショウサムソンとウオッカ!
見るようにしてインティライミも上がってきている! さあそしてメイショウサムソン上がってくる! ウオッカ!
外からウオッカ!ウオッカ捕らえた! ウオッカが捕らえたか! そしてアドマイヤムーンも頑張っている!
アドマイヤムーンも頑張っている! ポップロックが最後抜け出したかどうか〜!!
メイショウサムソンは3着までか! なんとなんとアドマイヤムーンと最後はポップロック!
ゴール板で交わしたかどうかというところ! 最後は激しいゴール前の争いということになりました! 」
(塩原恒夫アナウンサー)
2007年阪神JF(1着トールポピー)
「何が勝つか分かりません! エイムアットビップ!エイムアットビップ! 外からトールポピーが来る!
さらにはレーヴダムール! 前は2頭並んでゴールイン!トールポピーか! トールポピーです!
ガッツポーズが出ました池添謙一! 角居厩舎、2年連続このレースを制した!
直線15番のトールポピー僅かに抜けたように見えました! 」
(石巻ゆうすけアナウンサー)
2007年朝日杯FS(1着ゴスホークケン)
「先頭は逃げる逃げるゴスホークケン!ゴスホークケン! ゴスホークケンだ!!やりました勝浦正樹!
1/8の抽選を潜り抜けてゴスホークケン! 1分33秒5!文句なしの競馬をしました!ゴスホークケンです!」
(福原直英アナウンサー)
2007年阪神C(1着スズカフェニックス)
「スズカフェニックス今日は届きました! スズカフェニックスです!
今日のこの1400の阪神C、見事に届きました! 鞍上武豊騎手、これがG1馬の末脚です! 」
(石巻ゆうすけアナウンサー)
2007年有馬記念(1着マツリダゴッホ)
「先頭はダイワスカーレットか!インコースからマツリダゴッホ!
経済コースを通ったマツリダゴッホがインコースから伸びて来ている! 残り200を切りました!
マツリダゴッホ先頭だ! マツリダゴッホ先頭だ! そしてダイワメジャー!ダイワ、ダイワスカーレット!
ダイワメジャーも来た! マツリダゴッホだ! マツリダゴッホだ! ダイワスカーレット届かない!
経済コースをスルスルと、なんと、マツリダゴッホだー!! なんとマツリダゴッホ!
経済コースをスルスルと、蛯名正義のマジック炸裂!
2001年マンハッタンカフェ以来、2度目のグランプリ制覇! 蛯名がやってのけました!

(三宅正治アナウンサー)


2007年1〜6月2007年7〜12月
Horse Life(競馬名実況集)