Horse Life(競馬名実況集)

競馬名実況集

(2001〜2002年)
ここでは管理人のなかで印象に残っているレース実況の一部を載せていきます。
90〜92年93〜94年95〜96年97〜98年99〜00年01〜02年03年04年
2001年京都記念(1着マックロウ)
「外から11番ナリタトップロード!ナリタトップロード! 外からマックロウが抜けた!
マックロウ!アグネスフライト! ナリタは3番手!抜けたのはマックロウ!!
勝ったのは4番のマックロウ!場内騒然です!
(石巻ゆうすけアナウンサー)
2001年フェブラリーS(1着ノボトゥルー)
「先頭はここでようやくトゥザヴィクトリーに変わった!トゥザヴィクトリーに変わった!
そしてノボジャック2番手!さらにはアローセプテンバー! 外からは、外からはノボジャック来た!
外からはノボジャック来た! さあトゥザヴィクトリー!ノボジャック!トゥザヴィクトリー!ノボジャック!
逃げ切りことが出来るかトゥザヴィクトリー!捕まったか!ノボジャック! さらにはウイングアロー!
サンフォードシチー!ウイングアロー!サンフォードシチー!届くかどうか! ノボジャック!
ノボトゥルー!ノボトゥルー!ペリエだ!またペリエ〜!!2番手は外からウイングアローか!
内でトゥザヴィクトリー!勝ったのは、、ノボトゥルー!オリビエペリエ! 」
(吉田伸男アナウンサー)
2001年弥生賞(1着アグネスタキオン)
「アグネスタキオンが独走に入った!
そしてボーンキング2番手! 3番手争いはどうか!ミスキャストそしてマンハッタンカフェ!
先頭抜けたアグネスタキオン! 堂々と3連勝! 4馬身から5馬身近くのリードでゴールイン!」
(白川次郎アナウンサー)
2001年阪神大賞典(1着ナリタトップロード)
「持ったまんまで、持ったまんまでナリタトップロード渡辺薫彦! 先頭はナリタトップロード!
内の狭いところから☆×◆○内からエリモブライアン! 内からエリモブライアン!
そして一番外からはミツアキサイレンス! ホットシークレット粘っている!イブキヤマノオー!
マックロウは今日はまったく伸びない! ナリタトップロードだ!久々に味わう勝利の美酒!
渡辺薫彦です!ナベちゃんやりました! 渡辺薫彦とナリタトップロード!
あの菊花賞以来、久々に味わう勝利の美酒! 圧勝です!圧勝、レコードタイムです! 」
(馬場鉄志アナウンサー)
2001年日経賞(1着メイショウドトウ)
「土煙をあげてメイショウドトウ!ここを勝たなければ天皇賞へ向かえない! メイショウドトウ先頭に立った!
マチカネキンノホシ!マチカネキンノホシ!メイショウドトウ!メイショウドトウ! マチカネキンノホシ!
やはり、やはり強い!メイショウドトウ!メイショウドトウ!天皇賞へ向かって快勝!」
(吉田伸男アナウンサー)
2001年毎日杯(1着クロフネ)
「3ヶ月の休養明けのクロフネ圧勝だ!
リードを6馬身、7馬身!!これは強いクロフネ!力が違います! 2番手コイントスで今ゴールイン!」
(藤田直樹アナウンサー)
2001年高松宮記念(1着トロットスター)
「トロットスターだ!トロットスターとブラックホーク! トロットスターか!ブラックホークか!
トロットスター!トロットスターが抜ける! トロットスターー!
やはり恐るべき破壊力!トロットスターです! 蛯名正義、右手を上げた!
ブラックホークとの物凄い争いになりました! ダイタクヤマトは直線ちょっと伸びません!
3強対決、トロットスターが一気にこの破壊力に物を言わせて大外から差し切っていきました!」
(植木圭一アナウンサー)
2001年大阪杯(1着トーホウドリーム)
「先頭はタマモヒビキ!アドマイヤボス!アドマイヤボス! 外からエアシャカール! オペラオーピンチ!
あと200M!テイエムオペラオー! さあこっから根性の見せどころ!しかしエアシャカール!
しかしエアシャカール! 大外からなんとトーホウドリーム〜!! トーホウドリーム大・金・星!!
トーホウドリーム大金星! テイエムオペラオー、重賞9連勝なりませんでした!

(馬場鉄志アナウンサー)
2001年桜花賞(1着テイエムオーシャン)
「テイエムオーシャンまだ本田騎手は持ったまま、 本田騎手は持ったまま!
ダイワルージュは北村のムチが飛んでいる! 先頭はテイエムオーシャン!
あとゴールまで 200M少々だ!坂を、坂を駆け上がる! 外からマイネカプリース!
大外からダイワルージュとハッピーパス!ダイワルージュと ハッピーパス! 内から1番のオイスターチケット!
テイエムオーシャン完全に抜け出した! 3馬身のリード! テイエムオーシャン!
2着はわずかにムーンライトタンゴか!非常にきわどいところ〜!
テイエムオーシャンです!ようそろ、見事な船出を見せました! テイエムオーシャンです!
勝ち時計は1分33秒4! 強い競馬っぷりを見せました!テイエムオーシャンです! 」
(馬場鉄志アナウンサー)
2001年皐月賞(1着アグネスタキオン)
「さあ、ここでジャングル、アグネスの一騎打ちになるんでしょうか! 直線コースに向かってまいりました!
直線コースに向かっている! さあアグネスわずかに先頭か! ジャングルポケット食い下がる!
ジャングルポケット食い下がる!最後の坂にかかってアグネス先頭! アグネス先頭!
さあ、そして角田晃一とジャングル! そして14番のダンツフレームも来ている!
ダンツフレームも来ている! しかしアグネス!アグネス!大丈夫〜!
中山2000mまずは道を繋ぎました! アグネスタキオンまず1冠!
(塩原恒夫アナウンサー)
2001年天皇賞春(1着テイエムオペラオー)
世紀は21世紀に変わっても、やはり王座は譲れませんでした! テイエムオペラオーです!」
(馬場鉄志アナウンサー)
2001年NHKマイルC(1着クロフネ)
「クロフネ上がってくる、クロフネ上がってくる! 200M標識にかかる、
ここからどのように突き抜けてくるのか!しかしまだグラスエイコウオー、 まだグラスエイコウオー、
まだグラスエイコウオー逃げる、まだグラスエイコウオー、クロフネ来た! 外からネイティヴハート!
外からネイティヴハート!しかしまだ前とは差がある! 200を通過した!グラスエイコウオー逃げるぞ、
逃げるぞ、逃げるぞ! クロフネ来た!クロフネ来た!クロフネ来た!クロフネ来た! グラスエイコウオー!
クロフネ来た!グラスエイコウオー粘る!グラスエイコウオー粘る! クロフネ来たか!クロフネ来たか!
☆○た!▽☆た!!☆か¥!△☆ったか!!・・・ ギリギリ届いたかどうかクロフネ!
冷や汗もののゴール板!何とか何とか差し切って自ら歴史の扉を開いたか! 」
(青嶋達也アナウンサー)
2001年オークス(1着レディパステル)
「外から一気にレディパステル〜!!勝ったのは13番のレディパステル! ケントデザーモ決めました!
テイエムオーシャンの前には府中の最後の坂、氷山のごとく立ちはだかりました!」
(塩原恒夫アナウンサー)
2001年日本ダービー(1着ジャングルポケット)
「クロフネは、クロフネは伸びない!クロフネ伸びない! ジャングルポケット!ダンツフレーム!
インコースからは、インコースからはダンシングカラーも伸びて来ている! 先頭はしかしジャングルだ!
ジャングルだ!ジャングルポケット! ダンツフレーム!ダンツフレーム2番手!
そしてその後ろからはボーンキングも伸びて来ている! 勝ったのはジャングルポケット〜!
勝ったのはジャングルポケット!2着にダンツフレーム! マル外開放元年、
新時代の扉をこじ開けたのは内国産馬ジャングルポケット!
角田晃一ダービー初制覇!」
(三宅正治アナウンサー)
2001年安田記念(1着ブラックホーク)
外からブラックホーク〜!! 外からブラックホーク! 3番手から2番手に上がった!
ブレイクタイムも粘っている!ブレイクタイムも粘っている! 外からブラックホークがかわした!さあ2番手!
アメリカンボス3番手! 外からメイショウオウドウは3番手まで〜! 勝ったのはブラックホーク〜! 勝ったのはブラックホーク〜!マイルのG1制覇!ブラックホーク! マイルのG1制覇!見事に安田記念を制しました! 」
(吉田伸男アナウンサー)
2001年宝塚記念(1着メイショウドトウ)
「さあテイエムオペラオーは、テイエムオペラオーはちょっと後ろ後ろ後ろ! テイエムオペラオ、
お、あ〜立ち上がった!立ち上がった!立ち上がった! 有馬記念と同じようになったメイショウ、
テイエムオペラ、テイエムオペラ果たして伸びてくるのかどうか! ドトウ先頭!ドトウ先頭!
ドトウの執念が通じるのか!ドトウの執念がここで通じるのか! ステイゴールド!そして外からエアシャカール!
ようやく来た来たテイエムオペラオー来た! ようやく来たテイエムオペラオー!
しかしメイショウドトウ一矢を報いるか! ついに夢の一矢を報いるか! ドトウか!ドトウか!
オペラオーか!ドトウだ〜! やった〜安田! ドトウの執念!ドトウの執念!オペラオー1番外へ行った!
ゴール前追い詰めたが僅かに届かず! 8万大観衆、何とも言えないどよめきであります!」
(杉本清アナウンサー)
2001年スプリンターズS(1着トロットスター)
「さあメジロだメジロだ! 最内からゼンノエルシド!外からダイタク!外からダイタク!
真ん中を突いてトロットスター来た!トロットスター来た!トロットスター来た! 3頭並んだ!
最内勢いだ!トロットスターーー!! 手があがった蛯名正義!時計は、1分、7秒、フラット!
レコード!ついにサクラバクシオーの記録が0コンマ1破られました! 」
(青嶋達也アナウンサー)
2001年京都大賞典(1着テイエムオペラオー)
「場内は大歓声であります! 池のスワンも思わず振り返る!先頭はナリタトップロード!
内から世界のステイゴールド! 外からテイエムオペラオー!激しい叩き合いになった!
トップロード!トップロード! 内からステイゴールド! 外からオペラオー! 外からオペラオー!
あと200メートルだ!さあ先頭はステイゴールド!ステイゴールド先頭! 外からテイエムオペラオー!
ナリタトップロードはまたまた、、あーー!!!トップロード落馬ー!! トップロードは落馬ー!!
勝ったのはステイゴールド〜!勝ったのはステイゴールド〜!
ゴール前50M地点、渡辺薫彦騎手は落馬しています! ナリタトップロード!
渡辺薫彦騎手は落馬しています!まだ立ち上がれません!
2頭の宿命の対決は、関西での最後の対決は、なんという結末なんでありましょうか! 」
(馬場鉄志アナウンサー)
2001年秋華賞(1着テイエムオーシャン)
強い馬には146日ぶり、久々は関係ありません!テイエムオーシャンです!」
(石巻ゆうすけアナウンサー)
2001年菊花賞(1着マンハッタンカフェ)
「マイネルデスポット!逃げ切ってしまうぞ〜!外からエアエミネム! それからマンハッタンカフェ!
真ん中を割ったマンハッタン!大外からダービー馬! 大外からジャングルポケット!
しかしマイネルデスポット!マンハッタン! マンハッタンカフェ〜!蛯名正義です!
蛯名正義が左手を突き上げました! なんとマンハッタンカフェであります!
エアエミネムもダービー馬ジャングルポケットも ダンツフレームもまとめて負かしました!
場内はなんともいえないどよめき・・・

(馬場鉄志アナウンサー)
2001年武蔵野S(1着クロフネ)
「武豊決めました!クロフネ! この走り!明日の芝2000メートルで見たかった!
(塩原恒夫アナウンサー)
2001年天皇賞秋(1着アグネスデジタル)
「7万の歓声に応えて4コーナーのカーブ直線コース! 黒い帽子が先頭で、さあ向かってまいりました!
メイショウドトウ!トレジャーが早くも並ぶ! 内のほうからステイゴールド! さあ、そしてテイエムだ!
オペラオーだ!オペラオーだ! ジョウテンブレーヴも上がって来ている!
ここで、さあ、まだメイショウ先頭だ! ここでムチが入ってテイエムオペラオー期待に応えるか!
オペラオーが上がって来る! そしてアグネスデジタル外から一気に上がって来た!
しかしオペラオー!オペラオー!大丈夫か! 外からアグネス!
外からアグネスデジタルが最後は変わった〜! これならば納得でしょうクロフネ陣営も!
アグネスデジタルです! 勝ち時計2分2秒フラット!
G1、3勝目は芝2000M!アグネスデジタル四位洋文!」
(塩原恒夫アナウンサー)
2001年エリザベス女王杯(1着トゥザヴィクトリー)
「真ん中からトゥザヴィクトリー! 真ん中トゥザヴィクトリー!内からティコティコタックだ!
テイエムオーシャン先頭! 内からレディパステル!大外からローズバド! トゥザヴィクトリー先頭!
内からティコティコタック〜! ティコティコタックか!トゥザヴィクトリーか!ローズバド〜!! きわどい!!
トゥザヴィクトリー、ローズバド、ティコティコタック! ゴール前激しい競馬になりました!
実に激しい競馬になりました! 真ん中トゥザヴィクトリーか!外から伸びたローズバドか!
あるいはインコースから来たティコティコタックか! テイエムオーシャンはちょっと態勢が悪かったか!
非常にきわどい競馬になっています! 」
(馬場鉄志アナウンサー)
2001年マイルCS(1着ゼンノエルシド)
「ゼンノエルシド先頭!ゼンノエルシド先頭! 内で粘っているクリスザブレイヴ!外からゴッドオブチャンス!
真ん中からタイキトレジャー! そして外のほうからはダイタクリーヴァは伸びないか!? ゼンノエルシド!
ゼンノエルシド!一番内からイーグルカフェ! 外からエイシンプレストン!外からエイシンプレストン!
先頭は、先頭はゼンノエルシド!オリビエペリエ〜!! さすがペリエ!ゼンノエルシドです! 」
(馬場鉄志アナウンサー)
2001年ジャパンCダート(1着クロフネ)
「さあこのGIの舞台でもクロフネ行く! クロフネ行く!まだクロフネ堂々余裕のリード!
そして2番手は3番のノボトゥルーだ! 後続勢なかなか詰められないが、3番手ミラクルオペラとか詰めますが、
200を通過! ちぎるちぎる!クロフネだ!クロフネだ!そして2番手が熾烈になるが、
ここでミラクルオペラが2番手に食い込んでくる! 外から外からウイングアロー! クロフネ〜!!
強すぎる!!強すぎる!! 圧勝〜!クロフネ!
なんとなんと芝とダート、JRAの芝とダートのダブルG1制覇! 勝ち時計2分5秒9!
時計はレコード!時計はレコード! またしても、またしてもレコード〜!!

(青嶋達也アナウンサー)
2001年ジャパンC(1着ジャングルポケット)
「テイエムオペラオー先頭か! 外からはステイゴールド! さらにジャングルポケット飛んで来る!
さあ最後の坂を駆け上がってくるが、先頭はテイエムだ! テイエムオペラオー!テイエムオペラオー!
外からはジャングルポケットが差を詰めてきた! そして3番手にはステイゴールド!
さあ襲い掛かるジャングルポケット! 襲い掛かるジャングルポケット!
最強馬の意地を賭けた一騎打ち! どっちだ!どっちだ! ジャングルポケットです!!
最強馬の、最強馬の意地を見せたジャングルポケット! そしてテイエムオペラオーの一騎打ち!!」
(三宅正治アナウンサー)
2001年阪神JF(1着タムロチェリー)
「タムロチェリーだ!オリビエペリエだ〜! タムロチェリー! オリビエペリエです!
3週連続G1制覇!凄い!
(石巻ゆうすけアナウンサー)
2001年朝日杯FS(1着アドマイヤドン)
「アドマイヤドン!アドマイヤドン! 外からスターエルドラード!ヤマノブリザード! アドマイヤドン!
アドマイヤドン! 内からアグネスソニック! 内からアグネスソニック! アドマイヤドン!
外からヤマノブリザード2番手! 勝ったのはアドマイヤドン! デビュー3連勝G1制覇! アドマイヤドンです! 」
(吉田伸男アナウンサー)
2001年有馬記念(1着マンハッタンカフェ)
「さあテイエムは今日は来ないのか! テイエムは今日は来ないのか!
200を切った!200を切った!200を切った! トゥザヴィクトリーか!トゥザヴィクトリーか!
外のほうからマンハッタン!外のほうからマンハッタン! 外のほうからマンハッタン!
テイエムは来ているが届きそうもない! 勝ったのはマンハッタンカフェ〜!
世代交代を証明しました!マンハッタンカフェです!
(堺正幸アナウンサー)
2002年京都記念(1着ナリタトップロード)
「ナリタトップロードとマチカネキンノホシ!マッチレース! 外からテンザンセイザの追い込み!
テンザンセイザ!そしてミスキャスト! 先頭は、先頭はナリタか!ナリタか!マチカネか!
ナリタか!マチカネか! 僅かにナリタ!僅かにナリタトップロードか! 」
(石巻ゆうすけアナウンサー) 
2002年フェブラリーS(1着アグネスデジタル)
「勝ったのはアグネスデジタル〜! 史上初のG1、4連覇!
そしてドバイワールドカップヘ2002年 馬の世界もワールドカップイヤーか!
(青嶋達也アナウンサー)
2002年阪神大賞典(1着ナリタトップロード)
「先頭はナリタトップロード!ナリタトップロード先頭! エリモブライアン!ジャングルポケット!
ジャングルポケット2番手か!内でボーンキング差し返す! そしてなんとミツアキサイレンス〜!
ナリタトップロード!3馬身のリード! 2着争いは混戦!2着争いは分かりません!
勝ったのはナリタトップロード!堂々と天皇賞へ名乗り!3分7秒9! 3分7秒9です!
去年の年度代表馬を退けました! 」
(馬場鉄志アナウンサー) 
2002年日経賞(1着アクティブバイオ)
「そして、チョット遅れているぞ! マンハッタンカフェ!マンハッタンカフェ!遅れている!遅れている!」
(小林雅己アナウンサー)
2002年高松宮記念(1着ショウナンカンプ)
「先頭はショウナンカンプ!ショウナンカンプが爆走する! ショウナンカンプが爆走する!
早くも2番手に上がってきたアドマイヤコジーンは早くも2番手! アドマイヤコジーンは早くも2番手!
しかしショウナンカンプ爆走だ!」
(植木桂一アナウンサー)
2002年桜花賞(1着アローキャリー)
「アローキャリーが勝ちました!!見てください!このガッツポーズ!
1分34秒3! やりました池添謙一!アローキャリーであります!」
(馬場鉄志アナウンサー)
2002年皐月賞(1着ノーリーズン)
理由なき反抗とは言わないでくれ!ノーリーズン!
(塩原恒夫アナウンサー)
2002年天皇賞春(1着マンハッタンカフェ)
「マンハッタンカフェです!グランプリホースです! 菊の舞台で復活しました!
蛯名正義とマンハッタンカフェ! 2着にはジャングルポケット、3着にナリタトップロード!
3強で決まりました!125回天皇賞は3強で決まっています!」
(馬場鉄志アナウンサー)
2002年オークス(1着スマイルトゥモロー)
「先頭はスマイルトゥモロー!スマイルトゥモロー1着! 2着に3番チャペルコンサート!
勝ったのはスマイルトゥモローです! 桜6着、出遅れかえした吉田豊とスマイルトゥモロー!
未来に向けて ニッコリ笑顔が飛び出しました!
(塩原恒夫アナウンサー)
2002年日本ダービー(1着タニノギムレット)
「大歓声に包まれて、 勝つのはゴールドアリュールか!
内の方からすごい脚でマチカネアカツキやって来た! 外からシンボリクリスエス!
タニノギムレット!タニノギムレット!タニノギムレット! 一番外からタニノギムレット!
2番手争いは大混戦だが、タニノギムレット〜! 武豊ダービー3勝!
やっぱり強かったタニノギムレット! 今度こそ、今度こそ、今度こそ末脚炸裂〜!
(青嶋達也アナウンサー)
2002年安田記念(1着アドマイヤコジーン)
「(ずっと絶叫)アドマイヤコジーン!!アドマイヤコジーン!!2着にダンツフレーム!
アドマイヤコジーン!! 再びのG1!マイルのG1制覇!!2着ダンツフレーム!

(吉田伸男アナウンサー)
2002年宝塚記念(1着ダンツフレーム)
「3番のダンツだ!ダンツだ、ダンツだ!ダンツフレーム〜!
やった!ついに、ついにやった!ダンツフレームです!ダンツフレーム!
藤田騎手の手が上がりました、左手!ダンツフレームがついにやりました!
悲願のG1、そして2着にはツルマルボーイです! 横一線になりましたが 結局3番のダンツフレームです!」
(杉本清アナウンサー)
2002年スプリンターズS(1着ビリーヴ)
亡き父サンデーサイレンスにはじめて 日本のJRAスプリントG1のタイトルをプレゼント!
快速娘ビリーヴ!
遂に平坦左回り新潟で G1タイトルをもぎ取りました!」
(青嶋達也アナウンサー)
2002年京都大賞典(1着ナリタトップロード)
世代交代?なんだそれは?関係ない!ナリタトップロードです!
ナリタトップロードです! 堂々と秋の中山競馬場の天皇盾へナリタトップロードが名乗りを上げました!
四位洋文とナリタトップロード!2分23秒6!堂々のプロローグです!
見事なナリタトップロード!見事な勝利です! 」
(馬場鉄志アナウンサー)
2002年秋華賞(1着ファインモーション)
「さあ先頭は10番のユウキャラット!ユウキャラット!
お〜外から外から、 これは自信を持って一番外からまくってきた! ファインモーションきた!
ファインモーション早くもきた! チャペルコンサートと一緒にきているぞ! その後ろからトシザダンサー!
タムロチェリーも前の方! 持ったまま!持ったまま!まだ持ったまま12番のファインモーション!
ユウキャラット!ユウキャラット!ファインモーション!ファインモーション! 抜け出したファインモーショ〜ン!
抜け出した!抜け出した! 1馬身、1馬身半、2馬身!強い強い!
シアリアスバイオが2番手に上がる! サクラヴィクトリアも来ている!
しかし強い12番の ファインモーション!今日は4馬身〜!強いっ! ファインモーション強い!
驚きましたファインモーション! 馬の首筋を叩いた武豊! G1初挑戦で横綱相撲をとりました!
強い! 12番のファインモーション! 無敗の秋の3歳女王誕生です!
もはや同世代に敵はありません! 無限の可能性が広がりました!
(石巻ゆうすけアナウンサー)
2002年菊花賞(1着ヒシミラクル)
「18頭今スタート〜!あぁっと!!!内で落ちた! ノーリーズン落ちた〜! ノーリーズン落馬!
ノーリーズン落馬!! スタート直後あっと言う間に武豊ノーリーズンが消えました〜!!
(馬場鉄志アナウンサー)
2002年白秋S(1着デュランダル)
「外を通ってようやくデュランダル! デュランダルデュランダル上がってきた!最後に差し切った〜!
5戦4勝デュランダル!武豊! あっという間に他馬をまとめて差し切りました! 」
(塩原恒夫アナウンサー)
2002年天皇賞秋(1着シンボリクリスエス)
「テイエムオーシャン先頭か! ブレイクタイムも頑張っている! その外を通りましてサンライズペガサス!
大外ナリタトップロード白い帽子が上がって来る! 駆け上がってくるか、 シンボリ!シンボリ!
シンボリクリスエス抜け出している! シンボリクリスエス!シンボリ?☆★♪?
シンボリ!そしてナリタが2着に上がったところがゴール! 勝ったのは3歳馬シンボリクリスエス〜!
常識破りの古馬挑戦、G1に繋がりました! 勝ちタイム1分58秒5!上がりの3ハロン35秒3!」
(塩原恒夫アナウンサー)
2002年エリザベス女王杯(1着ファインモーション)
「第4コーナーを回って、さあ、さあ武豊、 一気に外からユウキャラットに並びかけていった!
一気に先頭に立った! ファインモーション一気に先頭に立っている!
ダイヤモンドビコー2番手に上がってきた! 外からシルクプリマドンナ!
それからレディパステル追い込んでくる! 外からレディパステル!ローズバド!ジェミードレス!
しかし完全にファインモーション!3馬身のリード! 懸命にペリエが追う!ダイヤモンドビコー追う!
大外からレディパステル! しかしファインモーション! 新しい歴史の扉〜、、が開かれました!
、、ファインモーションです! 、、歴史的なスターの誕生です!ファインモーション!
なんという強さでしょう! 上がり3ハロン33秒6!、、 もう言葉も出ません、、本当に強かった!
(喉がおかしい馬場鉄志アナウンサー)
2002年東スポ杯2歳S(1着ブルーイレヴン)
「さあ真ん中から6番のブルーイレヴンですが、 差し切れるかどうか!
差し切った!!6番のブルーイレヴン 鮮やか!!この難しい馬を乗りこなしました!さすが武豊!
ブルーイレヴン!最後の直線の伸び脚は見事!」
(矢野吉彦アナウンサー)
2002年阪神JF(1着ピースオブワールド)
「さあ先頭はこの辺りでホワイトカーニバル!ホワイトカーニバル! ヤマカツリリー!トーセンリリー!
外から外からメイプルロードが差を詰めて、 一番外からピースオブワールドで直線を向いてくる!
さあ先頭はこの辺りホワイトカーニバルか! ホワイトカーニバル先頭か! 外からピースオブワールド!
ピースオブワールド! シーイズトウショウ! 間を突いてはヤマカツリリーが粘っている!
間を突いて6番のユキノスイトピーの追い込み! さらにはブランピュール、オースミハルカ!
一番外から5番のピースオブワールド!ピースオブワールドが 差し切った!強いっ!1馬身半差!
ピースオブワールド、そしてヤマカツリリーです! ヤマカツリリーが2番手か! しかし強い、
5番のピースオブワールド! 今日は馬場の真ん中を通って堂々と差しきりました!
無敗の2歳女王誕生!4戦4勝です!
(石巻ゆうすけアナウンサー)
2002年朝日杯FS(1着エイシンチャンプ)
福永祐一2週連続2歳G1制覇〜! しかもレコード決着!
あのグラスワンダーのレコードをコンマ1 破りました!稍重の1600m、1分33秒5!」
(青嶋達也アナウンサー)
2002年阪神牝馬S(1着ダイヤモンドビコー)
「ダイヤモンドビコーです!怪物ファインモーションのいないここは、
ダイヤモンドビコー!オリビエペリエ!大威張りで1番人気に応えています!
(馬場鉄志アナウンサー)
2002年有馬記念(1着シンボリクリスエス)
「さあ、まもなく第4コーナーを迎える! タップダンスシチーがわずかに先頭! 5馬身から6馬身のリード!
残り310Mに14頭がかかります! さあタップダンスシチー先頭! タップダンスシチー!
ファインモーションが2番手! ファインモーション2番手! ナリタトップロードきている!
内のほうからコイントス! そして白い帽子、シンボリクリスエス! 200を切りました!200を切った!
さあタップダンスシチー先頭! シンボリクリスエスが2番手に上がってくるか! 内のほうから☆×○×☆!
さあタップダンスシチー先頭! シンボリクリスエスが差し切るか! シンボリクリスエス すごい脚で差し切った!
勝ったのは1番のシンボリクリスエス! そして2着に8番のタップダンスシチ〜!
やはり牝馬にはこのグランプリ、厚い壁だったんでしょうか! ファインモーション敗れました!
ペリエがゴール前、豪快に追い込んでまいりました!シンボリクリスエス!」
(堺正幸アナウンサー)


90〜92年93〜94年95〜96年97〜98年99〜00年01〜02年03年04年
Horse Life(競馬名実況集)