Horse Life(競馬名実況集)

競馬名実況集

(1993〜1994年)
ここでは管理人のなかで印象に残っている競馬実況の一部を載せていきます。
90〜92年93〜94年95〜96年97〜98年99〜00年01〜02年03年04年
1993年日経新春杯(1着エルカーサリバー)
「さあエルカーサリバー!エルカーサリバー! 内のほうからアラシ!内のほうからアラシ!
外を通ってヌエボトウショウ!ミスタースペイン! ヌエボトウショウ!ミスタースペイン!
ヌエボトウショウ!ミスタースペイン! 外から襲いかかってくる!
エルカーサ粘った!エルカーサ粘った! エルカーサ粘った!
ヌエボトウショウ!サンドピープル! ヤマニンきている!ヤマニンきている! エルカーサ粘ったかどうか〜!」
(石巻ゆうすけアナウンサー)
1993年AJC杯(1着ホワイトストーン)
「ホワイトストーンの先行策、まんまとハマった! 見たかレガシー!逃げ切り勝ちはホワイトストーンだ!」
(塩原恒夫アナウンサー)
1993年京都牝馬特別(1着ヌエボトウショウ)
「さあヌエボトウショウ最後のレースを飾るか! ヌエボトウショウかわした〜! 最後のレースを飾る!
ヌエボトウショウ先頭だ!勝った勝った!ヌエボトウショウだ〜!
最後の引退レース、引退の花道を飾った、ヌエボトウショウと角田!
(杉本清アナウンサー)
1993年共同通信杯4歳S(1着マイネルリマーク)
「ビワハヤヒデ2着か!ビワハヤヒデ2着に敗れるのか! 僅かにでているかっ!?
並んでゴールイン!並んでゴールイン! ・・今日もきわどい・・さあ内か外か!」
(堺正幸アナウンサー)
1993年阪神大賞典(1着メジロパーマー)
「このあたりがメジロパーマーの恐ろしいところ! もう一度でた!でた!でた!またでたぞ〜!
メジロパーマーだ!またメジロパーマーだ! またまたメジロだメジロだ! 強い〜!強い〜!」
(杉本清アナウンサー)
1993年若葉S(1着ビワハヤヒデ)
「ビワハヤヒデ!ビワハヤヒデ!突き放す!突き放す!
やっぱり強い!ビワハヤヒデやっぱり強い! 負けられないビワハヤヒデ! 俺はやっぱり強い!
(青嶋達也アナウンサー)
1993年産経大阪杯(1着メジロマックイーン)
「今年もマックイーン!去年の阪神大賞典に続いてマックイーン! 名優の復活〜!名優の復活〜!
(杉本清アナウンサー)
1993年桜花賞(1着ベガ)
「先頭はマザートウショウだ、 マザートウショウ先頭! ベガ2番手!ベガ2番手!
マックスジョリー!外からユキノビジン! 外から白い帽子ユキノビジン!
ヤマヒサローレルは4番手! その後ろドミナスクリスタル!オースミシャイン!
大歓声沸きあがる!大歓声沸きあがる阪神競馬場! 第4コーナーを回って直線を向きました!
先頭はベガ!ベガ先頭にかわった! ベガ先頭! マザートウショウ粘る!マザートウショウ粘る!
マックス来た!マックス来た! 外からユキノビジン!外からユキノビジン!
あと200Mであります!坂をのぼる! 先頭はベガ!ベガ先頭!
外からユキノビジン! マックスジョリー!ヤマヒサローレル来た!ヤマヒサ来た! 外からユキノビジン!
ベガ先頭!ベガ先頭! ベガか!ユキノビジンか! ベガか〜!!
雨曇りの空に一等星輝きました!ベガ優勝です!1分37秒2!
ゼッケン8番ベガ優勝〜!一番人気に応えました!」
(馬場鉄志アナウンサー)
1993年皐月賞(1着ナリタタイシン)
「ナリタタイシン!武豊がど〜やら差し切りました!
凄い脚!!桜花賞に続いて皐月賞も制した武豊! 武マジックがでました!
(堺正幸アナウンサー)
1993年天皇賞春(1着ライスシャワー)
「第3コーナーの坂、、 天皇賞はスタミナ勝負、ここからが勝負になります!
早くもマックイーン!早くもマックイーン! ムッシュシェクルと一緒に2番手!
そして、そしてライスシャワーも来た! ライスシャワーもずぅーっとメジロマックイーンの外へ、
メジロマックイーンの外へ、黒い帽子とライスシャワーが襲いかかります!
さあムッシュシェクルは一杯になった! パーマー先頭!パーマー先頭!
そしてマックイーン!マックイーンが2番手! 外からライスシャワー!
マチカネタンホイザはまだ来ないのか、、 さあ、まもなく第4コーナー! マチカネ来た!
赤い帽子も差を詰めた! 第4コーナーをカーブした! マックイーンの独走になるか!
外から、外からライスシャワー! あ!!マックイーンムチが飛んでいる! ライスシャワーかわした!
ライスシャワーかわしたか! もう一度マックイーン!今年だけもう一度頑張れ!マックイーン!
しかしライスシャワーだ!昨年の菊花賞でも ミホノブルボンの三冠を阻んだライスシャワーだ!
ライスシャワー完全に先頭!2馬身から3馬身!ライスシャワーだ!
ライスシャワー1着!マックイーンは2着〜!! 関東の刺客!ライスシャワー!
天皇賞でも圧倒的な人気の メジロマックイーンを破りました!
昨年の菊花賞でも、昨年の菊花賞でもミホノブルボンの3冠を阻んだ ライスシャワー!
春の天皇賞ではメジロマックイーンの大記録を打ち砕きました!」
(杉本清アナウンサー)
1993年NHK杯(1着マイシンザン)
「先頭はマイシンザンだ!祖父に続け!父に続け! マイシンザン、松永幹夫!」
(青嶋達也アナウンサー)
1993年オークス(1着ベガ)
「4コーナーをカーブした! 大歓声が迎える!大歓声が迎える! さあベガ先頭!ベガ先頭!
そしてインコースからちょっとチラッっと安田富男がベガの方を見た! ユキノビジンもやってきた!
ユキノビジンもやってきた! ユキノビジン先頭だ!ユキノビジン先頭だ!
さあベガ!ベガ2番手頑張っている! ベガ2番手頑張っている! 外からマックスジョリー!
外からマックスジョリー! さらには外からデンコウセッカもやってきた! 先頭はベガ!先頭はベガ!
ここでベガ先頭に立った! 西の一等星が先頭に立った! 外から追い詰める6番のマックスジョリー!
インコースで粘っている ユキノビジン! 勝ったのは13番のベガーー!
西の一等星は東の空にも輝いた〜! 6年ぶり史上9頭目の牝馬2冠達成!
武豊、春のクラシック3連勝!やっぱりベガは強かった!」
(三宅正治アナウンサー)
1993年日本ダービー(1着ウイニングチケット)
「残り400Mだ!さあアンバー頑張った! ウイニングチケット2番手!
白い帽子、ナリタタイシンもやって来た! 白い帽子、ナリタタイシンもやって来た!
ここでウイニングが先頭に立った! ウイニングチケットが先頭に立ったが、
外のほうから白い帽子、ナリタタイシン! ナリタタイシン! そして内をついてはビワハヤヒデ!
人気の3頭の競馬! さあ先頭はウイニングチケットか! 内をついてはビワハヤヒデ!
先頭はウイニングチケット! ウイニングチケット!ウイニングチケット!!
柴田これが念願のダービー制覇! 柴田政人勝ちました!
悲願のダービー制覇! ウイニングチケットで決めました! 勝ったのはウイニングチケットです!」
(堺正幸アナウンサー)
1993年安田記念(1着ヤマニンゼファー)
「2番手争いは混戦!勝ったのはヤマニンゼファー!
柴田善臣やったぞG1初制覇! 勝ったのはヤマニンゼファー!安田記念連覇!
最後の末脚はすばらしいものがありました!そして2着は大混戦になっています!」
(三宅正治アナウンサー)
1993年宝塚記念(1着メジロマックイーン)
「マックイーン来たマックイーン来た!マックイーンが先頭か!マックイーンが先頭か!
パーマーもう馬込に沈んだ! さあマックイーン!マックイーン初めての宝塚記念を制するか!
外からまたまたイクノディクタス!外からまたまたイクノディクタス!
マックイーンだ!マックイーンだ!この2着は、この2着は、、マックイーン1着!2着はイクノか〜!
・・・勝ったのはメジロマックイーンです! そして2着はまたまたイクノディクタスか! 」
(杉本清アナウンサー)
1993年札幌記念(1着ナリタチカラ)
「真ん中から突き抜けた!ナリタチカラやってきた! そして内からセサロニアン!
内から岡部、セサロニアンだ! さあ、トップジョッキーの争いだ!
先頭はナリタチカラ!内からセサロニアン! さらにヒットザマークか!
ヒットザマークか!ナリタチカラっ! ナリタチカラ!武豊勝ちました!」
(吉田雅英アナウンサー)
1993年七夕賞(1着ツインターボ)
「これはツインターボ!全開だ!ターボエンジン!逃げ切った!ツインターボが勝ちました!」
(高橋雄一アナウンサー)
1993年オールカマー(1着ツインターボ)
「ライスシャワーは届かないか!ライスシャワーこれはもう無理!
11番のツインターボ!見事に決めたぞ! 逃亡者!ツインターボ!
(塩原恒夫アナウンサー)
1993年神戸新聞杯(1着ビワハヤヒデ)
「2番手に1番のビワハヤヒデ。秋はなんとしても金メダルを、、というビワハヤヒデ。
今日は覆面をとって素顔のビワハヤヒデであります。
(杉本清アナウンサー)
1993年クイーンS(1着ユキノビジン)
「勝ったのはユキノビジン!ユキノビジン! みちのくの粘り!みちのくのたくましさ!問題なし!
勝ち時計が2分2秒3!問題なしユキノビジン!強い! 」
(青嶋達也アナウンサー)
1993年ローズS(1着スターバレリーナ)
「完全にスターバレリーナ先頭!スターバレリーナ先頭!
4勝目、間近!スターバレリーナ強いぞ!これは秋の新星だ!
そして2着はきわどいが、2着はきわどいが、ケイウーマンかホクトベガか! 勝ったのはスターバレリーナ!
勝ったのはスターバレリーナ!これはもう本物! 恐れ入りました!恐れ入ったスターバレリーナ! 」
(杉本清アナウンサー)
1993年京都大賞典(1着メジロマックイーン)
「マックイーン先頭に立つか!マックイーン先頭に立つか!
ライスシャワーは産経オールカマーで苦杯を舐めましたが、
マックイーンは強いぞ〜! マックイーンは強い!
(杉本清アナウンサー)
1993年京都新聞杯(1着ウイニングチケット)
「さあウイニングチケット!ぐんぐん、ぐんぐん差を詰める !差を詰める!差を詰める!
ウイニング来たっ! 差を詰める!さあっ!どうだどうだ!?
どうだ〜!? どうだ〜!?どうだ〜!?マイヨジョンヌかウイニングチケットか〜!!」
(杉本清アナウンサー)
1993年天皇賞秋(1着ヤマニンゼファー)
「セキテイリューオーか!?ヤマニンゼファーか!? 2頭並んでゴール板前!!
田中勝春か柴田善臣か! この仲良しコンビ、この二人の叩き合いでありました!
(三宅正治アナウンサー)
1993年菊花賞(1着ビワハヤヒデ)
「先頭はビワハヤヒデ!ビワハヤヒデ先頭! ウイニングチケット割ってこれるか!?
ラガーチャンピオン来ている!ラガーチャンピオン来ている! さあ、ウイニング来たぞ〜!
ウイニングチケットが2番手か! 外からステージチャンプか!外からステージチャンプだ!
外からステージチャンプ! 完全にビワハヤヒデ! 完全にビワハヤヒデ! 菊の舞台で無念を晴らす!
ビワハヤヒデ1着! 2着ステージチャンプ!2着ステージチャンプ! ウイニングチケットは3着〜!
ウイニングチケットは3着! 菊の舞台で春の無念を晴らした、岡部とそしてビワハヤヒデ!
完勝〜!完勝です!3分4秒7!3分4秒7! これはレコードタイムか!」
(杉本清アナウンサー)
1993年エリザベス女王杯(1着ホクトベガ)
ベガはベガでもホクトベガです!1番のホクトベガ、加藤和宏〜!
3回目の挑戦で見事にエリザベス女王杯を制しました! 3冠ならずベガ!3冠ならずベガ!
勝ったのはホクトベガです!東の一等星ホクトベガ! 輝いたのはホクトのベガです!
(馬場鉄志アナウンサー)
1993年マイルCS(1着シンコウラブリイ)
京都競馬場に赤い帽子、黒い勝負服! シンコウラブリイ〜!うれしい初のG1制覇!」
(杉本清アナウンサー)
1993年ジャパンカップ(1着レガシーワールド)
「横に広がった!横に広がった! 何が勝つか分からない! レガシーが僅かに先頭か!ウイニング来た!
プラティニもやって来ている! 外から7番のコタシャーン!外から7番のコタシャーンもいい脚でやって来た!
コタシャーンだ!外からコタシャーンがやって来た! 凄い脚でやって来た! 凄い脚でコタシャーンやって来た!
レガッ、レガシーワールド頑張る!レガシーワールド頑張る! レガシー頑張った!レガシー頑張った!
レガシーやった! 勝ったのはレガシーワールド!去年4着のうっぷんを晴らしました!
勝ったのは日本代表、レガシーワールド河内洋です! 」
(堺正幸アナウンサー)
1993年阪神3歳牝馬S(1着ヒシアマゾン)
「先頭はヒシアマゾン!ヒシアマゾン1馬身2馬身リードを取りました! ケイアイメロディー2番手!
内からローブモンタント!外からタックスヘイブン!タックスヘイブン! エイシンバーモント来た!
ヒシアマゾン圧勝です! 勝ち時計は1分35秒9! ヒシアマゾン強い! 」
(馬場鉄志アナウンサー)
1993年朝日杯3歳S(1着ナリタブライアン)
菊花賞馬の弟が兄の雪辱をこの朝日杯で果たしました!
そして南井克己は朝日杯2連覇ということになります!」
(塩原恒夫アナウンサー)
1993年スプリンターズS(1着サクラバクシンオー)
「サクラバクシンオー!G1取ったぁ〜!小島太が右手を上げました!
そして2着にヤマニンゼファー!追い込みましたがニシノフラワーは3着まで!」
(三宅正治アナウンサー)
1993年有馬記念(1着トウカイテイオー)
「メジロパーマーが先頭! そしてビワハヤヒデが早くも上がった! レガシーワールドが3番手に下げました!
さあ、後続の中からウイニングチケットが今、 現在3番手まで上がって来ている!
メジロパーマーがわずかに先頭! ビワハヤヒデ、そしてウイニング3番手!
そして、レガシーの手がちょっと動いている! トウカイテイオー赤い帽子も来ているぞ!
残り400Mを切りました!残り400を切った! さあ、ビワハヤヒデ岡部が先頭か!
ビワハヤヒデ岡部が早くも先頭に立ったか! 外のほうからトウカイテイオーも来ている!
トウカイテイオーも来ている! さあ、残り200を切りました! 残り200を切った!
ビワハヤヒデ!トウカイテイオー来たっ! トウカイテイオーが来たっ! トウカイテイオーが来た!
ビワハヤヒデとトウカイテイオー! ダービー馬の意地を見せるか!
トウカイテイオーだ!トウカイテイオーだ!トウカイテイオ〜! 奇跡の復活〜!!
一年ぶりのレースを制しました! トウカイテイオー田原成貴!

しかしこのレースは審議の青ランプ! トウカイテイオー!ミラクル!
奇跡の復活をみせました!トウカイテイオー! こんな事があるんでしょうか!!

(堺正幸アナウンサー)
1994年桜花賞(1着オグリローマン)
「さあ、ローブモンタント!メローフルーツ!ツィンクルブライド! 外からはオグリローマン!!
オグリローマンが先頭か! ツィンクルブライド!ツィンクルブライド! オグリローマン!オグリローマン!
ゴールイン! 並んでいます!並んでいます!オグリローマン!ツィンクルブライド!」
(藤田直樹アナウンサー)
1994年皐月賞(1着ナリタブライアン)
「先頭はナリタナリタナリタ!ナリタブライアン! 抜け出した抜け出した!完全に抜けた!
さあ〜そして、外から、外から来た!外から7番のサクラスーパーオー! サクラスーパーオーだ!
サクラスーパーオー!16番のフジノマッケンオー! 勝ったのはしかしナリタブライアン!
ナリタブライアン圧勝!ナリタブライアン圧勝! そして2着にサクラスーパーオー!
勝ちタイム1分59秒0レコードタイム! やはりナリタブライアンは強かった!
おそるべしナリタブライアン!まずは1冠です!
(三宅正治アナウンサー)
1994年京王杯スプリングC(1着スキーパラダイス)
「先頭はスキーパラダイス!スキーパラダイス!残り100! 2番手はザイーテン!
最内からサイエダティが3番手から2番手に並ぶ勢いだ! あとはドルフィンストリートもやって来た!
上位はみんな外国馬! 勝ったのはスキーパラダイス! 2着争いは内サイエダティか外2番のザイーテンか!
上位4頭はみんな外国馬だ! 勝ち時計が1分21秒4! やはり評判通りの強さを見せたスキーパラダイス!」
(青島達也アナウンサー)
1994年天皇賞春(1着ビワハヤヒデ)
兄貴も強い!兄貴も強い〜!
(杉本清アナウンサー)
1994年安田記念(1着ノースフライト)
「先頭はノースフライト!ノースフライト先頭です!200を切った!
さあドルフィンストリートが2番手から上がってきたが! さあスキーパラダイス!
そして外を通りましてトォーワダーリンが突っ込んだ〜! 勝ったのはノースフライト!
重賞4連勝で角田晃一が決めましたこの安田記念です!
さあ〜これは角田とそしてトーワダーリン田中勝春がガッチリ手を取りました!
ウイニングランとなりました! ワンツーを決めたのは日本の馬、しかも5歳牝馬です! 」
(塩原恒夫アナウンサー)
1994年オークス(1着チョウカイキャロル)
「そして一番外からオレンジの帽子!一番外からオレンジの帽子! アグネス来た!アグネス来た!
一番外からアグネス!一番外からゴールデンジャック! ゴールデンジャック!ゴールデンジャック!
インコースからチョウカイキャロル!インコースからチョウカイキャロル!
アグネスパレード! 15番のゴールデンジャック!チョウカイキャロル!チョウカイキャロルです!
最後は内外広がった!インコース、チョウカイキャロル〜!! 」
(三宅正治アナウンサー)
1994年日本ダービー(1着ナリタブライアン)
「残り400M!府中にはここから坂がある!坂がある! さあナリタブライアンくるか!
ナリタブライアンここで先頭に立ったか! ブライアン先頭か!
外のほうからノーザンポラリスもやってきている! 内のほうからフジノマッケンオー白い帽子もきているぞ!
残り200Mを切った!エアダブリン!エアダブリンもきている!
しかし先頭はナリタブライアン!ナリタブライアン先頭!ナリタブライアン先頭! そしてエアダブリン!
さあ、これは完勝でしょう! ナリタブライアン一人旅!ちぎった!ちぎった!ちぎった!
完勝〜!!2冠達成!2着にエアダブリン!ナリタブライアンやりました!
南井克己、左手を上げました! 一頭だけ違うのか!強い!本当に強いナリタブライアン!
(堺正幸アナウンサー)
1994年宝塚記念(1着ビワハヤヒデ)
「強い!強い!今日も涼しい顔をしてビワハヤヒデ1着!
そして2着にアイルトン、3着にダンシングサーパスであります! 13番のビワハヤヒデ!
兄弟対決へ大きく夢が広がる、 兄貴ビワハヤヒデ宝塚記念圧勝! レコードタイム!レコードタイム!
2分11秒2!レコードです! 今日も涼しい顔をして楽々とゴール板を通過した13番のビワハヤヒデ!」
(杉本清アナウンサー)
1994年新潟記念(1着インターシュプール)
「インターシュプールがスキーのメッカ新潟に見事なシュプールを描いてゴールイン!(寒)」
(杉浦健アナウンサー)
1994年オールカマー(1着ビワハヤヒデ)
「勝ったのはビワハヤヒデ!94、秋のG1ストーリーはまだ始まったばかり!
(塩原恒夫アナウンサー)
1994年天皇賞秋(1着ネーハイシーザー)
「さあ、4コーナーのカーブに入ってまいります!
メルシーステージ先頭で、その後ろからネーハイシーザー依然2番手!ビワハヤヒデは3番手!
さあ〜どこで岡部は捕まえに行く!500M直線コース!先頭メルシー!先頭メルシー!
内でネーハイ、ビワハヤヒデ3番手!内から、内からサクラチトセオー来た! 内からサクラチトセオー!
横に広がった!メルシー先頭!そしてネーハイシーザー! そして間を割ってセキテイリューオー!
ビワハヤヒデ苦しいぞ!ビワハヤヒデ苦しい! 現在中団7番手か!ビワハヤヒデ下がっていく!
先頭は内からネーハイ!内からネーハイ!ネーハイシーザー!
2番手セキテイリューオー!外から4番、ロイスアンドロイスが3番手!
勝ったのは10番!ネーハイシーザーー! ネーハイシーザーー!ビワハヤヒデは馬群に消えた!
勝ちタイム1分58秒6! スローペースで流れた110回の天皇賞!
なんとなんと、ビワハヤヒデは馬群に消えました!
(三宅正治アナウンサー)
1994年京都新聞杯(1着スターマン)
「ナリタブライアン先頭だ! エアダブリン懸命に食い下がる! エアダブリン懸命に食い下がる!
そして内ほうからスターマンが来た! 内からスターマンが来る! 内からスターマンが来た!
ナリタブライアン! おっと内からスターマン! ナリタブライアン!
ピンチ!苦しい!かわったぁ〜! スターマン!、、いやースターマン!藤田は怖い!」
(杉本清アナウンサー)
1994年菊花賞(1着ナリタブライアン)
弟は大丈夫だ!弟は大丈夫だ!弟は大丈夫だ! 10年ぶり、10年ぶりの3冠馬!
ナリタブライアン! そして2着はヤシマソブリンで堅そうだ! ナリタブライアンだ!ナリタブライアン!三冠馬〜!
弟は大丈夫だ!史上5頭目の3冠馬!史上5頭目の三冠馬! 10年ぶり!レコード〜!レコード〜!
3分4秒6! 兄貴のレコードを10分の1秒縮めました! 京都競馬場、南井コール!」
(杉本清アナウンサー)
1994年エリザベス女王杯(1着ヒシアマゾン)
「直線を向いた!植え込みを回って直線! あとゴールまで400Mであります!
バースルート粘る!バースルート粘る!テンザン来た!テンザン来た! テンザンユタカ来た!
一番外から、一番外からヒシアマゾン! 一番外からヒシアマゾン!ヒシアマゾン!チョウカイキャロル!
チョウカイキャロル! 内からアグネス!内からアグネス! 外からメモリージャスパー突っ込んできた!
さあチョウカイか!チョウカイか!アマゾンか!ヒシアマゾンかチョウカイキャロルか!
ヒシアマゾンとチョウカイキャロル!ヒシアマゾンか!チョウカイか!並んでゴールイン!! 並んでゴールイン!
アグネスパレード僅かに遅れたか!アグネスパレードは僅かに遅れたか!
ヒシアマゾンの重賞6連覇なったかどうか!
あるいはチョウカイキャロル、オークス馬の意地を見せたか! きわどい競馬になりました! 」
(馬場鉄志アナウンサー)
1994年富士S(1着サクラチトセオー)
「サクラチトセオーまだ馬なりか! サクラチトセオー先頭に立った! ちょっとこれは格が違う!
200を切って坂を上がった! 今ようやくムチを抜いた、小島太! 左右をしっかり確かめて、
しかし後ろからはまったく追ってくる馬はいません! 外から2番のナカミアンデスがすごい脚で突っ込んでくる!
2番手は混戦!どうか!? 僅かに9番のスタビライザーか!? しかし勝ったのはサクラチトセオー!
これは完勝です!格の違いを見せつけましたサクラチトセオー! 」
(三宅正治アナウンサー)
1994年マイルCS(1着ノースフライト)
「ノースフライトだ!ノースフライトだ! そして2着は、2着は、、バクシンオー粘った!
ノースフライトです! ベストマイラーはノースフライト! そして2着にはサクラバクシンオーが辛うじて粘った!」
(杉本清アナウンサー)
1994年ジャパンC(1着マーベラスクラウン)
「さあ横に広がった!横に広がった! いい競馬になった!いい競馬になった!
内をついてマーベラスクラウンか!サンドピット! さらに2番のパラダイスクリークも来ているぞ!
パラダイスクリークも来ているぞ! しかし外のほうからロイスアンドロイスか! ロイスアンドロイスがいい脚だ!
パラダイスクリーク! マーベラス! さあ3頭が抜け出した! 3頭の叩き合い!3頭の叩き合い!
さあパラダイスクリークか! パラダイスクリークか! パラダイスクリークか!
マーベラスか! パラダイスか! マーベラスか! 並んでゴールイン! マーベラスかパラダイスか!
3頭から最後は2頭が抜け出しました! なかなか素晴らしいレースであります!
勝ち時計が2分23秒6! しかしこの第14回ジャパンカップ、審議の青いランプが灯っています!」
(堺正幸アナウンサー)
1994年阪神3歳牝馬S(1着ヤマニンパラダイス)
「やっぱりパラダイスだ! やっぱりパラダイス! やっぱりヤマニンパラダイス!
武豊、左手で握り拳を見せました! ヤマニンパラダイスやはり強い! 1分34秒7!
タニノリファーズの1分35秒4を破るレコードタイムであります!
ヤマニンパラダイス3戦連続レコード勝ち! 無傷の3連勝であります!」
(馬場鉄志アナウンサー)
1994年朝日杯3歳S(1着フジキセキ)
「さあ、フジキセキは内を突く! フジキセキは内を突く! 漆黒の馬体、星ひとつ!
フジキセキが内をすくうか! 先頭はこのあたりピンクの帽子マイティーフォースか!
内で懸命に頑張っているニッシンソブリン! その内、その内!フジキセキ! 一番内からフジキセキ!
外から白い馬体スキーキャプテン飛んで来ている! コクトジュリアンもやって来た! 先頭はフジキセキ!
外からスキーキャプテン届くかどうか! 2頭並んだが僅かに僅かに内! フジキセキ!
サンデーサイレンス産駒フジキセキ! 1分34秒7!
来年のクラシックはやはりこの馬を中心に展開されます! これがフジキセキです! 」
(三宅正治アナウンサー)
1994年スプリンターズS(1着サクラバクシンオー)
「残り400の標識、最終コーナーカーブ、 ヒシクレバーが先頭で向かって来た!
そしてエイシンワシントン! 並んでホクトフィーバス! 外を通ってサクラバクシンオー!
サクラバクシンオーがここで先頭に立った! バクシンオーが先頭に立った! バクシンオーが先頭に立った!
さあ、小島太!これが最後の愛のムチ!これが最後の愛のムチ! バクシンオーだ!バクシンオーだ!
引退レース!バクシンオーが先頭だ! そして12番のビコーペガサス!
4番のキョウエイキーマンが2着争いというところ! しかし勝ったのはサクラバクシンオーです!
史上7頭目の同一G1連覇を果たしました! サクラバクシンオーこれで引退レースです! これで最後です!」
(塩原恒夫アナウンサー)
1994年阪神牝馬S(1着メモリージャスパー)
「ようやくメモリー勝った〜! メモリージャスパーです! 内をすくったメモリージャスパー!
また角田!阪神競馬場、今日は角田デーか! また角田! 」
(杉本清アナウンサー)
1994年有馬記念(1着ナリタブライアン)
「3馬身から4馬身!今日はそれほど差をつけなくても大丈夫です!
ナリタブライアンだ!ナリタブライアン!ナリタブライアン!4歳4冠達成! 強い!強い!強い!
ブライアンやはり強い!古馬の壁、見事打ち砕きました!
・・今日はそれほど差はつけませんでしたが、それにしてもこれは正に横綱相撲!
ルドルフに並び、そして来年はルドルフを越えて欲しいナリタブライアンであります!」
(堺正幸アナウンサー)



90〜92年93〜94年95〜96年97〜98年99〜00年01〜02年03年04年
Horse Life(競馬名実況集)