Horse Life(競馬名実況集)

競馬名実況集

(1995〜1996年)
ここでは管理人のなかで印象に残っている競馬実況の一部を載せていきます。
90〜92年93〜94年95〜96年97〜98年99〜00年01〜02年03年04年
1995年中山金杯(1着サクラローレル)
「3連勝で一気に重賞制覇!新春一番サクラが咲いた!サクラローレル!
(塩原恒夫アナウンサー)
1995年きさらぎ賞(1着スキーキャプテン)
外だ!白い馬体だ!3番のスキーキャプテン! ケンタッキーへ夢が広がる!
スキーキャプテン完全に先頭!武豊騎手余裕があるぞ! そして注目2着争い!
2着争いは6番のテイエムロケットか!テイエムロケットが2番手に上がった!
スキーキャプテン圧勝!スキーキャプテン圧勝!文句なし!きさらぎ賞、スキーキャプテンです!」
(杉本清アナウンサー)
1995年共同通信杯4歳S(1着ナリタキングオー)
今年のナリタもいけそうです!
(塩原恒夫アナウンサー)
1995年ダイヤモンドS(1着エアダブリン)
「59キロも克服だ!エアダブリン!待ってろブライアン!」
(青嶋達也アナウンサー)
1995年弥生賞(1着フジキセキ)
「4コーナーをカーブして直線コース! 先頭早くもフジキセキ! 横を見ながら角田晃一!
外からホッカイルソー!外からホッカイルソー! さあ、、どうだ! フジキセキ危ないぞ!
フジキセキ危ない!
内で粘っている! 外からホッカイルソー! 2頭の一騎打ち!
しかし譲らない!しかし負けない!これが強さ! フジキセキの強さ! 2馬身ちぎった!ゴールイン!」
(三宅正治アナウンサー)
1995年阪神大賞典(1着ナリタブライアン)
「さあ大歓声を受けて差が開いた!開いた!開いた! 差が開く!開く!
どんどん、どんどん差が開く!差が開く! さあ、ブライアン!春の天皇賞に向かって独走!
春の天皇賞に向かって独走!そしてハギノリアルキングが僅かに2番手に上がった!
さあ、ブライアンだ!ブライアンだ!文句なし!ブライアンに陰りなし!ブライアンに陰りなし!
(杉本清アナウンサー)
1995年報知杯4歳牝馬特別(1着ライデンリーダー)
「おおっと!来た来た来た来た! 外からライデンリーダー来たぞ〜!来たぞ〜!来たぞ〜!
ライデンリーダー先頭に立つ勢いだ! 抜けたーー!ライデン!! これは強い!
恐れ入った!なんとなんとライデンリーダー1着〜! ・・なんとまあ強い!・・いや〜これは凄い!
(杉本清アナウンサー)
1995年桜花賞(1着ワンダーパヒューム)
「さあ第4コーナーのカーブを迎える、植え込みを回ります!
先頭はムーブアップか、ムーブアップ先頭か! エイユーギャル抜け出すか、エイユーギャル先頭に変わる!
ライデンリーダーはどこへ行く! 右ムチを抜いた!安藤勝己が右ムチを抜いた!
まだ前が、前が開かれていない! ライデンリーダーピンチだ!ライデンピンチ!ライデンピンチ!
先頭はこのあたりマークプロミス! マークプロミス先頭だ!マークプロミス先頭!
外を通って、外を通ってワンダーパヒューム! 外からワンダー!ワンダー!ワンダー! 内からウエスタン!
先頭はここでワンダーパヒュームに変わった! さらに一番外からダンスパートナー!ダンスパートナー!
内からプライムステージ! ワンダーパヒューム!プライムステージ!ダンスパートナーー!!
・・ライデンリーダーは4着に敗れました!
トライアルのあの豪脚、ライデンリーダーは4着に敗れ去りました! 勝者はワンダーパヒュームです!
田原成貴は桜花賞、これでダイアナソロン、マックスビューティーに続きまして3度目の制覇!」
(馬場鉄志アナウンサー)
1995年皐月賞(1着ジェニュイン)
「勝ったのはジェニュイン!ドクタースパート以来、関東馬が皐月賞を制しました!
平成元年のドクタースパート以来、関東馬が皐月賞!ジェニュインです!
勝ちタイム2分2秒5!岡部幸雄ダイナコスモス以来9年ぶりの皐月賞制覇です!」
(三宅正治アナウンサー)
1995年天皇賞春(1着ライスシャワー)
いや〜、やっぱりこの馬は強いのか!
「さあ完全にライスシャワー先頭だ! ステージチャンプ!ステージチャンプが2番手に上がった!
ライスシャワー!ライスシャワーとステージチャンプ! いや〜、やったやったライスシャワーです!
おそらく、おそらくメジロマックイーンもミホノブルボンも喜んでいる事でしょう!

ライスシャワー今日はやった〜! 勝ち時計3分19秒9!ライスシャワーです!」
(杉本清アナウンサー)
1995年NHK杯(1着マイネルブリッジ)
ダービーへの夢の架け橋!田中勝春やりました!マイネルブリッジ!」
(青島達也アナウンサー)
1995年安田記念(1着ハートレイク)
「さあ、そしてサクラチトセオーが一番後ろから、どんなレースを見せてくれるんだ!
最後の直線コースに入っています!まだビコーアルファー先頭、 そしてエリンバードが突っこんでくるか!
7番のタイキブリザード、外を通ってエンペラー! さあ、そしてサクラチトセオーは上がってくるか!
横一杯に広がった!横一杯に広がった! ここでチトセオーか!チトセオーか!チトセオーか!
いや、いや、赤い帽子も頑張っている! ハートレイク、ハートレイク!タイキブリザード!
外を通ってチトセオー!外を通ってチトセオー! ハートレイク!ハートレイク!
ハートレイクかチトセオーか!2頭が並んだゴール板です!
追い込んだのはチトセオー小島太! 内、頑張ったのはハートレイク武豊!
・・最後はゴール板、どちらが前に出ていたでしょうか!?
審議の青いランプが灯っています! 勝ちタイムは1分33秒2!」
(塩原恒夫アナウンサー)
1995年オークス(1着ダンスパートナー)
「外からダンス!ダンス!ダンス! 200を通過、坂を上がった! ダンスパートナーだ!
2番手ユウキビバーチェ! インコースからワンダーパヒュームやって来る!
先頭ダンス!先頭ダンス! ダンスパートナー! 見事に、見事に、G1の舞い!
勝ったのはダンスパートナー!2着に16番のユウキビバーチェ! 勝ったのはダンスパートナー武豊!
2週連続G1制覇!ガッツポーズ!オークスもサンデーサイレンス産駒ダンスパートナー!
鮮やかなG1の舞い!武豊です!ダンスパートナー!」
(三宅正治アナウンサー)
1995年日本ダービー(1着タヤスツヨシ)
「第4コーナーカーブ、府中の直線500Mに入ってきました!
マイティーフォース、マイティーフォースがわずかに先頭でありますが、
内のほうからシグナルライト白い帽子!そしてジェニュイン! オースミベスト!有力馬が前に集まった!
ナリタキングオーはちょっと一杯か!外のほうからタヤスツヨシ!外のほうからタヤスツヨシ!
さあ、ジェニュインが先頭に立った!ジェニュインが先頭か! 内のほうからシグナルライト!
タヤスツヨシが来た!タヤスツヨシが一気に来た! タヤスツヨシが一気に先頭に立った!
ジェニュイン2番手!内のほうで一番のシグナルライト! さあ、先頭はタヤスツヨシ!タヤスが先頭だ!
ジェニュイン2着を守れるか!ホッカイルソーもきている!
ジェニュインが2着を守ったが、勝ったのは14番のタヤスツヨシ!
皐月賞の1着2着馬は、やはり強かった!勝ったのはタヤスツヨシ!
小島貞博、落ち着いて、落ち着いて直線勝負に賭けました! 見事な末脚爆発であります!
単勝1番人気に見事応えました!小島貞博のタヤスツヨシであります! 」
(堺正幸アナウンサー)
1995年宝塚記念(1着ダンツシアトル)
「大歓声が上がった、おっと一頭落馬! 一頭落馬!これは何が落馬したんでしょうか、、
ライスシャワー落馬! ライスシャワー落馬であります! 大波乱!大波乱!
第3コーナーの下りであの、あの天皇賞では先行 でわたったライスシャワーが落馬しています!
ライスシャワー落馬! さあ、内からダンツシアトル来るか!タイキブリザード!
ダンツシアトルが内をすくうか!『私の夢』ダンツシアトルが内をすくうか! しかしまだタイキブリザード!
タイキブリザード!外を通ってエアダブリンか!外からエアダブリン! しかし1番のダンツ出た!
ダンツシアトル先頭!タイキブリザード! タイキブリザード!エアダブリン差を詰める!
外からエアダブリン差を詰める! 外からエアダブリン差を詰める!
外からエアダブリンが差を詰めたが、しかし1着はダンツ〜! ダンツシアトル1着〜!
内をすくったダンツシアトルです! 審議、審議!このレースは審議の青いランプがつきました!
このレースは審議!2分10秒2はレコード!2分10秒2はレコード!
ワコーチカコの2分11秒8を破りましたが、第3コーナーで大アクシデント!第3コーナーで大アクシデント!
『私の夢』ダンツシアトルが1着でゴール板を通過しましたが審議ー!
・・・・ あ〜、、無残!!16番のライスシャワー骨折!!・・・なんとー!!
・・いやーこれは大アクシデントであります!16番のライスシャワー骨折!! 」
(杉本清アナウンサー)
1995年函館記念(1着インターマイウェイ)
「第4コーナーから直線!フェイバーワン、インターマイウェイ!
フェイバーワン、インターマイウェイ! 内、ホクトベガ懸命に粘っているが3番手の体勢!
200を通過!あとはマチカネタンホイザ、 ヤマニンリコール、カチボシが突っ込んできた!
あとは内に入ってシェイクハンド!100Mを切った! インターマイウェイ独走!インターマイウェイ!
2番手はヤマニンリコール! カチボシ3番手の体勢でゴールイン!
インターマイウェイです!左手が上がりました! インターマイウェイ藤田伸二騎手! 」
(宇野和男アナウンサー)
1995年朝日チャレンジC(1着マイシンザン)
「外からマイシンザン来た!外からマイシンザン! さらにスプリングバンブーでありますが、
おおっと、マイシンザンが外から来る! スプリングが先頭に立った!スプリングバンブー先頭!
マイシンザンか!マイシンザンか!スプリングバンブーか! かわすか!かわすか!かわすか!
変わるのか!変わるのか!変わったか!変わったか! 変わった!マイシンザンだ〜!

やっぱりマイシンザンこいつは強い!マイシンザン!マイシンザン!
ゴール寸前で何とか間とか、かわしました!1分58秒0!1分58秒0はレコード!」
(杉本清アナウンサー)
1995年京都新聞杯(1着ナリタキングオー)
「ナリタキングオー完全に先頭に立った!外から外から、サウンドバリアーか!サウンドバリアーか!
マヤノトップガン来た!マヤノトップガン2番手に上がった、マヤノトップガン2番手!
タヤスツヨシは現在6番手あたり!ナリタキングオーだ!ナリタキングオーだ!ナリタキングオー1着!
2着にマヤノトップガン!ナリタキングオーです!2分11秒4!2分11秒4!
ナリタキングオー乗り替わった藤田!またまた藤田!ナリタキングオーです!ナリタキングオーです!
そして2着に11番のマヤノトップガン!マヤノトップガンは神戸、京都と連続して2着!
タヤスツヨシは直線、ゴール前伸びを欠きました!まだ目を覚まさないのかダービー馬!
(杉本清アナウンサー)
1995年天皇賞秋(1着サクラチトセオー)
「さあこの辺で、この辺で動き出しました!
ナリタブライアンがゆっくりと外、外を通って先行馬に取り付いて直線コースに向かいます!
大外通りましてナリタブライアン!大外通ってナリタブライアン! しかしまだ先頭はトーヨーリファール!
トーヨーリファール! 内からマチカネタンホイザ!内からマチカネタンホイザ! それからジェニュイン!
さあそしてアイルトンシンボリも上がって来ている! アイルトンシンボリも上がって来ている!
外からシャドーロールは伸びないか! シャドーロールはちょっと伸びないか!
シャドーロールはちょっと伸びないか!
代わりに4番のジェニュインだ!ジェニュインだ!
大外を通ってサクラチトセオーも突っ込んでくる! サクラチトセオーも突っ込んでくる! ジェニュインか!
サクラチトセオーか! ジェニュインか!サクラチトセオーか〜!! ・・2頭が並んだゴール板! 」
(塩原恒夫アナウンサー)
1995年菊花賞(1着マヤノトップガン)
「マヤノトップガンついにやった〜! マヤノトップガンついにやった田原成貴! 右手を上げてガッツポーズ!
マヤノトップガンマヤノトップガンだ〜! 神戸京都で2着を続けたマヤノトップガン!
ついにこの菊の舞台で大輪を制しました! 神戸は強い!今年は神戸だ!マヤノトップガン!」
(杉本清アナウンサー)
1995年エリザベス女王杯(1着サクラキャンドル)
「小島太とサクラキャンドル!兄サクラチトセオーに続いてG1制覇!サクラキャンドルであります! 」
(馬場鉄志アナウンサー)
1995年マイルCS(1着トロットサンダー)
「メイショウテゾロ追い込む! メイショウテゾロ追い込む!メイショウテゾロ2着!トロットサンダー1着!
メイショウテゾロが2着〜! 何と何とメイショウテゾロが2着〜!また荒れた!
しかしこのレースは審議審議!審議でーす!・・ようやく横山典弘ガッツポーズが出ましたが審議!
スタートのタイミングが合わなかったトロットサンダーでありますが、第4コーナーで一気に差を詰めて来ました!
そしてそして待ちに待ったG1制覇か横山典弘とトロットサンダー! 」
(杉本清アナウンサー)
1995年ジャパンC(1着ランド)
「さあ、第4コーナーカーブ、府中の直線500Mに入ってきました!
タイキブリザード先頭でありますが、さあサンドピット、ナカタニが ムチを抜いた! そして赤い帽子ランド!
ブライアンが来た!シャドウロールが来ている!外からヒシアマゾンとアワッド! アワッド、アワッド!
さあ、先頭はタイキブリザード! ランド、ランド、ランドが来ている!
ヒシアマゾン!ヒシアマゾンが来ている、3番手! さあ、赤い帽子、ドイツのランドだ!
ドイツのランド!ドイツ代表のランドが先頭!ヒシアマゾンは2番手まで来ているか!
エルナンドも来ているぞ! さあ、先頭は4番のランド!
ドイツ代表馬が初めてJCを制しました! 勝ったのはランド! ドイツ代表馬が初めて、
15回目にしまして、このジャパンカップを制しました! マイケルロバーツであります!」
(堺正幸アナウンサー)
1995年阪神3歳牝馬S(1着ビワハイジ)
「先頭はビワハイジ!ビワハイジ先頭! エアグルーヴ!エアグルーヴ!それからエンシンビーナス!
内から内からイブキパーシヴ! 先頭はビワハイジハイジ〜!ビワハイジです! ビワハイジ〜!
角田晃一が左手を高々と挙げました! 札幌以来4ヶ月ぶりもなんのその!
ビワハイジ無傷の3連勝であります! ビワハイジが逃げ切りました! 」
(馬場鉄志アナウンサー)
1995年朝日杯3歳S(1着バブルガムフェロー)
「外を通ってバブルガムフェローは届かないか!? バブルガムフェローやって来た!!
バブルガムやって来た! 岡部とバブルガムがやって来た! しかしエイシンガイモン頑張っている!
エイシンガイモン頑張っている! ここで変わった!ここでバブルガムフェローに変わりました!
サンデーサイレンス!社台の勝負服!そしてシャドーロールと岡部幸雄!
春のクラッシックの合い言葉がそろいました!バブルガムフェローです!

(塩原恒夫アナウンサー)
1995年スプリンターズS(1着ヒシアケボノ)
「ヒシアケボノ!ビコーペガサス!インコース、ソーファクチュアル! 僅かに抜けた!ヒシアケボノ!
ヒシアケボノ1着!そして2着にビコーペガサス! ドバイからの刺客、ソーファクチュアルは3着!
先頭でゴール板を駆け抜けたのはヒシアケボノ! 」
(三宅正治アナウンサー)
1995年有馬記念(1着マヤノトップガン)
「さあマヤノトップガンが1馬身から2馬身! 2番手タイキブリザード!
外からサクラチトセオーも追い詰めたが3着止まり! 菊花賞馬マヤノトップガン、田原!
鮮やかに逃げ切りました!先行逃げ切り勝ち! 右手を高々と突き出しました、田原! 今日も激走でありました!
マヤノトップガン! 菊花賞をレコードで制したあのマヤノトップガンが第40回有馬記念を制しました!
しかも早めに先頭に立っての逃げ切り勝ち、これは非常に強い勝ち方であります!
ナリタブライアン、そしてヒシアマゾン、さらにサクラチトセオーも追い込みましたが末脚は爆発しませんでした!
第40回有馬記念を制したのはマヤノトップガンであります! 」
(堺正幸アナウンサー)

1996年AJC杯(1着カネツクロス)
「勝ったのはカネツクロス!3連勝で決めました! タマモクロスの子供です!
まんまとこの2200Mを逃げ切りました!的場とのコンビ、カネツクロス! 人気に応えました!
2着にそしてダンスパートナーが入っています!
直線に入って逆に伸びなかったのはスキーキャプテンでした!」
(塩原恒夫アナウンサー)
1996年京都牝馬S(1着ショウリノメガミ)
「おっと〜!・・1頭故障!・1頭故障!・・ 4番・・え?・・ ・・ ワンダーパヒュームでしょうか!?
ワンダーパヒュームあたりが故障しているんでしょうか!?
ちょっとワンダーパヒュームの姿がありません! ワンダーパヒュームが故障です!」
「第3コーナーの下りでアクシデント! 第3コーナーの下りでアクシデント!
ちょっと第3コーナーの下りが気になります! 4番ワンダーパヒュームの姿がありません京都競馬場!
桜は散ったのか第3コーナーの下り! ・・・大アクシデントであります!
(杉本清アナウンサー)
1996年きさらぎ賞(1着ロイヤルタッチ)
「ロイヤルタッチ!エイシンガイモン!ダンスインザダーク! あと100Mだ!
ロイヤルタッチか!ロイヤルタッチか! ダンスインザダークか!
ロイヤルタッチ〜!オリビエペリエ〜! ロイヤルタッチ、無傷の3連勝です!」
(馬場鉄志アナウンサー)
1996年共同通信杯4歳S(1着サクラスピードオー)
「スピードオー粘る!スピードオー粘る!2番手はエイシンコンカード!
外からマイネルエンペラーも突っ込んでくるが、スピードオー! サクラスピードオー!
サクラスピードオーです! 夢が繋がりましたサクラスピードオー! 京成杯、そして共同通信杯と連覇! 」
(青嶋達也アナウンサー)
1996年フェブラリーS(1着ホクトベガ)
「ホクトベガ圧勝!持ったままゴールイン! 2着は4番のアイオーユー!
強かったホクトベガ!57キロなんのその! ダート王はこの牝馬のホクトベガです!
(矢野吉彦アナウンサー)
1996年中山牝馬S(1着プレイリークイーン)
「サクラキャンドルと小島太、 サクラの勝負服に身を包んで、これが、これが最後の舞台です!」
(吉田伸男アナウンサー)
1996年阪神大賞典(1着ナリタブライアン)
「第44回の阪神大賞典。 阪神競馬場、ご覧のように、もうウイナーズサークルの周辺はすごい人です。
6万人をすでに超えています。 ・・『スーパーサタデー』とでも言うでしょうか。」
「さあ、マヤノトップガン!ロングスパートをかけて行きます!
3コーナーでマヤノトップガン、ここでリードを広げて行こうという感じです!
有馬記念と同じような戦法を取ります!
さあ、それにつれて上がっていった、ナリタブライアン!今日も馬なりで行きます!
それにつられてノーザンポラリスも上がって行きました!
一気にこの3頭が抜け出した!一気に3頭が抜けた!
マヤノトップガンが先頭!外からはナリタブライアン!
この2頭が並んで4コーナーに向かって行きます!
阪神競馬場、ボルテージは最高に上がってきた!
3番手ノーザンポラリスですが、ちょっとおかれている!
2頭が並んでいる!完全にマッチレースになるのかどうか!
後方からハギノリアルキングが上がって行こうとしている!
トウカイパレスはちょっとおかれました!
さあ、2頭、馬体をびっしり併せて、高低差1,8Mの坂に向かっていく!
先頭内からマヤノトップガン!外からはナリタブライアン!
一歩もお互い譲らない!
さあ、どちらが瞬発力で勝負をみせるか!
マヤノトップガン!ナリタブライアン!この2頭並んでいる!
並んでいる!依然並んだまま、ゴールイン!
凄い歓声が沸きましたが、2頭のマッチレース!

ナリタブライアンが外、そして内がマヤノトップガン!
この2頭が残り200M、本当にこう、馬体を併せてゴールインをしました!
(宮本英樹アナウンサー)
1996年中山記念(1着サクラローレル)
「ジェニュイン!サクラローレル!ジェニュイン!サクラローレル! 外からサクラローレル!
サクラローレルです! なんと1年1ヶ月ぶり!実力馬! やはり底力は凄いものがありました!
(堺正幸アナウンサー)
1996年報知杯4歳牝馬特別(1着リトルオードリー)
「勝ちましたのはリトルオードリー佐藤哲三! 本番桜花賞へ向けて見事に主役を演じきりました!」
(馬場鉄志アナウンサー)
1996年若葉S(1着ミナモトマリノス)
「デビューからの連勝を伸ばしたのはミナモトマリノス3連勝のゴール! そして2着にロイヤルタッチ!
さあ来週走るバブルガムはどのように見つめていたんでしょうか!
(塩原恒夫アナウンサー)
1996年日経賞(1着ホッカイルソー)
「さあホッカイルソー!一気に来た!ホッカイルソー一気に来た! カネツを捕らえたところがゴール板!
勝ちましたのはなんとホッカイルソー! 去年の1月以来の勝利をこの日経賞でマークしました!」
(塩原恒夫アナウンサー)
1996年スプリングS(1着バブルガムフェロー)
「やっぱり久々でも強かったバブルガムフェロー!2着12番のチアズサイレンス〜!
直線に入った時は前に壁ができていましたが、 その壁も岡部、なんなりと軽くクリアーしました!
実践、久々、3ヶ月半ぶりですが、バブルガムフェローこれで4連勝であります!」
(堺正幸アナウンサー)
1996年陽春S(1着エイシンワシントン)
「エイシンワシントンらっくな逃げ切り、勝ち時計は1分8秒3〜!」
(小崎愃アナウンサー)
1996年大阪杯(1着タイキブリザード)
タイキは勝った!勝ったのはタイキ!そして2着は並んでいた!
ダンスもいた!アラタマワンダーもいたインターユニークもいた! 2着は激しい!
しかし勝ったのは10番のタイキブリザード! 1番人気に応えました!」
(杉本清アナウンサー)
1996年桜花賞(1着ファイトガリバー)
またまた田原〜!また田原〜!今年も田原だ〜! 投げキッスがよく似合います!田原成貴〜!
ファイトガリバーです!収得賞金800万条件でギリギリ滑り込んだファイトガリバー!
見事に、見事に桜の栄冠を戴きました! 」
(馬場鉄志アナウンサー)
1996年皐月賞(1着イシノサンデー)
バブルガムフェローが消えても、ダンスインザダークが消えても、 やっぱりサンデーサイレンス!
イシノサンデーです!そして2着にロイヤルタッチです!
イシノサンデー四位洋文!G1初制覇がクラシック皐月賞!」
(三宅正治アナウンサー)
1996年NZT4歳S(1着ファビラスラフイン)
「さあ先頭はファビラスラフイン!内からエイシンガイモン上がって来た! ファビラスラフインは100を通過!
これは楽な出応えだ!2馬身のリード!ファビラスラフイン強い強い強い! 逃げ切った今1着でゴールイン!
2着は3番のエイシンガイモン! 他を寄せ付けませんでした!圧勝!1分22秒4です! 」
(矢野吉彦アナウンサー)
1996年サンスポ杯4歳牝馬特別(1着センターライジング)
「勝ったのはセンターライジング! 皐月に続いてオークスまでもターゲットに収めました、四位洋文!」
(塩原恒夫アナウンサー)
1996年天皇賞春(1着サクラローレル)
「2頭が抜け出すか!2頭が抜け出すか! またまた世紀、 平成の、平成の名勝負になるのか!
トップガン先頭!ナリタブライアン外から来る! ハギノリアルキング3番手!
2頭が抜け出した! 2頭が抜け出した! ブライアン、シャドウロールが揺れる!
内がマヤノトップガン! かわすのかブライアン! ブライアンかわしたのか! ブライアン先頭だ!
ナリタブライアン先頭だ! サクラローレル来た!サクラローレル来た!
サクラローレル来た横山典弘だ! かわすのか〜! 、、かわった〜!! またサクラだ〜!
またサクラが満開になる京都競馬場! サクラが満開だ!サクラロ〜レル〜!
2着にナリタブライアン!3着にホッカイルソーです! サクラローレルです!
勝ち時計3分17秒8! 京都競馬場にまたまたサクラが満開〜!
(杉本清アナウンサー)
1996年プリンシパルS(1着ダンスインザダーク)
「ダンスインザダーク余裕の勝利!ダービーへ向けて一歩これで しっかりとした手応えをつかみました!」
(矢野吉彦アナウンサー)
1996年NHKマイルC(1着タイキフォーチュン)
「先頭はタイキフォーチュン!タイキフォーチュン先頭! 完全にファビラスラフインは馬群に消えた!
先頭はタイキフォーチュン! 外からツクバシンフォニー! 勝ったのは、勝ったのはタイキフォーチュン!
勝ったのはタイキフォーチュン柴田善臣! アメリカ産馬タイキフォーチュン! 勝ちタイムが何と1分32秒6!
何というタイムでしょうか!!
あのオグリキャップが持つ1分32秒4にコンマ2秒!!
恐ろしいタイムで勝ちました! 勝ったのはタイキフォーチュン、アメリカ産馬! 」
(三宅正治アナウンサー)
1996年高松宮杯(1着フラワーパーク)
「先頭はフラワーパーク!フラワーパーク! やっと来たナリタブライアン!
今、4番手に上がって直線差してくるがダメ! フラワーパーク・・フラワーパーク・・
・・ビコーペガサス・・ヒシアケボノは3着・・ 勝ったのはフラワーパーク・・
ナリタブライアンは直線追い込んで来ましたが届きませんでした! 」
(吉村功アナウンサー)
1996年オークス(1着エアグルーヴ)
母と娘が13年の時を経て、ターフに夢をつなぎました! エアグルーヴです!
(塩原恒夫アナウンサー)
1996年日本ダービー(1着フサイチコンコルド)
「外からフサイチ!外からフサイチ!外からフサイチコンコルド! ダンスインザダーク!
内のほうからメイショウジェニエ! 先頭はダンスインザダークか! コンコルドだ!コンコルドだ!
外から音速の末脚が炸裂する! フサイチコンコルド! 勝ったのはフサイチコンコルド!
そして2着にダンスインザダーク! ・・今・・今、一つの競馬の常識が覆されたっ!
フサイチコンコルドなんとわずか3戦目でダービー制覇!」
(三宅正治アナウンサー)
1996年安田記念(1着トロットサンダー)
「外からトロット!外からトロット!真ん中タイキ! 2頭並んだ〜!僅かに外か!?
しかし微妙だ! 最後は2頭!一番外トロットサンダーか真ん中タイキブリザードか!
最内でヒシアケボノも懸命に堪えたが僅かに分が悪いか!
時計が1分33秒1!上がりの3ハロンが35秒5という安田記念です!
トロットサンダーかタイキブリザードか!? 接戦です、接戦です! 」
(青島達也アナウンサー)
1996年金鯱賞(1着フジヤマケンザン)
「まさに9歳馬、貫禄の末脚〜!フジヤマケンザンです!」
(植木桂一アナウンサー)
1996年マーメイドS(1着シャイニンレーサー)
おしい!おしい、おしい!福永祐一、ゴールデンジャックは2着〜!
先週の、先週の常石とおんなじように重賞は2着〜! ゴールデンジャックと福永祐一!
勝ったのは先輩河内騎手のシャイニンレーサーです!」
(杉本清アナウンサー)
1996年七夕賞(1着サクラエイコウオー)
「さあこのリードを保てるか! 西田雄一郎サクラエイコウオーが先頭! 200を通過した!
後続追っかけてこない!後続追っかけてこない! さあ3番のエスプレッソトニーようやく2番手!
しかし逃げ切りそうだ!100を通過した!先頭は17番サクラエイコウオー!
西田雄一郎勝ちました!勝ったのはサクラエイコウオー!まさしくまんまと逃げ切り!」
(青嶋達也アナウンサー)
1996年宝塚記念(1着マヤノトップガン)
「カネツクロス粘る!カネツクロス粘る! フジヤマケンザン!そしてサンデーブランチ!
さらにダンスパートナーきた! 黄色い帽子、真ん中を割ってダンスきた!ダンスきた! ダンスが踊る!
さあ、先頭はしかしトップガンだ!トップガンだ!まだ余裕がある! トップガンだ!トップガン1着!
そして2着サンデーブランチ!2着サンデーブランチ! トップガン堂々たる勝利、文句なし!
(杉本清アナウンサー)
1996年新潟3歳S(1着パーソナリティーワン)
「さあ、スタートダッシュを見せるかシーキングザパール!
・・おおっと!ちょっと!・・ちょっとヨレたスタートになって!・・ そして・・ん〜と・・
競争をやめるような感じになりましたが・・ ・・もう一度追い始めました!
武豊シーキングザパール!ちょっとこれは波乱のあったスタートです!」
(吉田伸男アナウンサー)
1996年朝日チャレンジC(1着マーベラスサンデー)
「マーベラスサンデー1着!7勝目!そして2着スターマン!
こちらの方は一騎打ち!朝日チャレンジCは一騎打ちになりました!
勝ち時計1分59秒5!勝ち時計は1分59秒5! 阪神は、あと190Mで坂があります!
(杉本清アナウンサー)
1996年ローズS(1着ヒシナタリー)
「真ん中を割ってヒシナタリー! 真ん中からナタリーだ!
外からシーズグレイス!福永洋一(?)突っ込んできた!
(馬場鉄志アナウンサー)
1996年京都新聞杯(1着ダンスインザダーク)
「ダンスインザダーク1着!ダンスインザダーク1着!2分14秒1!
菊花賞へ怠りなし!ダンスインザダーク快勝!人気に応えました!」
(杉本清アナウンサー)
1996年秋華賞(1着ファビラスラフィン)
「おお〜エアグルーヴ鞭がとんでいる! エアグルーヴ鞭がとんでいる!
さあこれはどうなのか!苦しいのかエアグルーヴ! ロゼカラー10番が鮮やかにあがってまいります!
ヒシナタリーもあんまりいい伸び脚ではありません! これは波乱ムードか!波乱ムードか!
7番のマークリマニッシュ先頭、マークリマニッシュ先頭! そしてずーっとファビラスラフイン、
ファビラスラフイン2番手に上がって来た! さあ松永幹夫伸びるのか! ファビラスか!
ファビラス先頭に立つか!ファビラスラフイン先頭か! ファビラス先頭に立った、ファビラス先頭に立った!
エアグルーヴも来ないぞ!レインボークイーン来た!レインボークイーン来た! エリモシック来た!
さあ先頭は完全にファビラス先頭だ! エリモシック2番手に上がって来た! ファビラス先頭!
そしてロゼカラーだ! ファビラスラフインだ!ファビラス1着!ファビラスラフイン1着!
そして2着に、2着に、うわ〜これはすごい競馬になりましたエリモシックです!
17番のエアグルーヴは馬群に沈んだ!エアグルーヴは馬群に沈んだ!
そしてヒシナタリーも伸びて来ていません!
大波乱になりました!ファビラスラフインです!鮮やか松永幹夫!」
(杉本清アナウンサー)
1996年天皇賞秋(1着バブルガムフェロー)
「内から、内からバブル!内からバブル! バブルだ!バブルだ!バブルガムフェローだ〜!
サクラローレルは3番手までか!サクラローレルも追い込んだ!サクラローレルも追い込んだ!
だけども、勝ったのはバブルガムフェロー4歳馬!
夢にまで見たG1制覇、蛯名正義!右手を上げてガッツポーズ!」
(三宅正治アナウンサー)
1996年菊花賞(1着ダンスインザダーク)
「一気にダービーの無念を晴らした! ダンスインザダーク! 武豊、珍しくガッツポ〜ズ! やったやったやった!
武豊ガッツポーズ! うわ〜凄い脚だ〜! ダービーの無念を一気に晴らすゴール前! 凄い脚〜!」
(杉本清アナウンサー)
1996年エリザベス女王杯(1着ダンスパートナー)
大外から緑の帽子が踊ってきた〜! ヒシアマゾンだ〜!ヒシアマゾン! エリモシック追い込んできた!
ブライトサンディー! 一番内へダンスパートナー! 一番内からダンスパートナー! ヒシアマゾン!
ヒシアマゾン先頭! 外からエリモシック! 大外からフェアダンス! 内からダンスダンスダンス!
ダンスパートナー! 内からダンスパートナー!大外からフェアダンス! 真ん中ヒシアマゾン!
ダンスパートナーー!! ダンスパートナー!四位洋文が左手を上げました! ダンスパートナーです!
先週のダンスインザダークに続いて兄弟でG1制覇! 四位洋文騎手、
皐月賞のイシノサンデーに続いて2つ目のG1! このレースは審議です! 審議の青いランプが灯りました!
一応の通過順、見事に15番のダンスパートナー1着! そして2着にはやっぱり古豪のヒシアマゾン! 」
(馬場鉄志アナウンサー)
1996年府中3歳S(1着ゴットスピード)
「府中は内も外も勝負だ!」
(青島達也アナウンサー)
1996年マイルCS(1着ジェニュイン)
「第4コーナーをカーブして直線! エイシンワシントンが逃げた!エイシンワシントン逃げる逃げる!
エイシンワシントン逃げる!内からスギノハヤカゼ! さらにフジノマッケンオー差を詰めてまいりました!
サクラスピードオーでありますが、外からジェニュインきた! 外からジェニュイン!さらにサクラスピードオー!
サクラスピードオーとジェニュイン! かわした!かわした、かわした! エイシンワシントンがまだ前にいる!
エイシンワシントン粘った!エイシン粘る! しかしかわしてジェニュインだぁ〜! ジェニュイン先頭!
内からショウリノメガミ! 内からショウリノメガミがすごい脚! ジェニュインだ!ジェニュインだ!
そして2着はショウリノメガミ〜!・・ 勝ち時計1分33秒8、勝ち時計は1分33秒8!
上がりの3ハロンが36秒1! うわっはぁ〜ジェニュイン! やっぱり仕上がっていたジェニュイン!
(杉本清アナウンサー)
1996年ジャパンC(1着シングスピール)
「さあ間を突いてシングスピール!シングスピール! シングスピール来ている!
さあ、その後方からはペンタイアであります! バブルは伸びない!バブルはもがいている!
バブルが伸びていない! バブルは伸びていない! さあ200を切りました!200を切った!
さあ4頭から5頭広がった!4頭から5頭が広がった! さあシングスピールか!シングスピールか!
そしてファビラスラフインか! ファビラスか!シングスピールか!
外のほうから1番のストラテジックチョイスも来ているが、 14番のシングスピール!
14番のシングスピールが僅かにファビラスを抑えたか!!
ランフランコデットーリ、自ら勝利を確信しています!シングスピールです!」
(堺正幸アナウンサー)
1996年阪神3歳牝馬S(1着メジロドーベル)
「外からドーベルきたっ! 外からライアンの娘、ドーベルだ! 先頭はスーパードレス!
外からメジロドーベル! 大外からシーズプリンセス! 大外からシーズプリンセス!
シーキングザパールは馬郡に沈んだ! 先頭はドーベル!!ドーベル!!
外を通ってシーズプリンセス! 外からシーズプリンセス! 100Mを切りました!
先頭はメジロドーベル! 東の豊、吉田豊やりました〜! G1制覇メジロドーベルです!
父譲りの切れ味メジロドーベルです!ライアンの娘ドーベルが見事に今年の3歳牝馬の女王に輝きました!」
(馬場鉄志アナウンサー)
1996年朝日杯3歳S(1着マイネルマックス)
「オープニングテーマ頑張った!オープニングテーマ頑張った! それからスターマイサドル!
エアガッツも真ん中突っ込んでくる! さあしかし14番のオープニングテーマか!
最後マイネルマックス差し切った〜!! マイネルマックス重賞三連覇! 見事にG1の勲章です! 」
(塩原恒夫アナウンサー)
1996年スプリンターズS(1着フラワーパーク)
「残り200を切った! エイシンワシントン、エイシンワシントン先頭!
そしてその外からフラワーパークが差を詰める! その後ろからは来ない!
その後ろからは何も来ない!
この2頭の争いだ! エイシンワシントンかフラワーパークか!
エイシンかフラワーか!2頭並んだ!! 最後は首の上げ下げ! 内エイシンワシントン!
外フラワーパーク! 後ろからは何も来ませんでした! この2頭の叩き合いです! 」
(三宅正治アナウンサー)
1996年阪神牝馬S(1着ヒシナタリー)
「大外からヒシナタリーが一気にきた! 大外からヒシナタリー先頭に立った! マジックキス差を詰めてくる!
今日は追い込んできたぞ!マジックキス! さあ、マジックキスか!ヒシナタリーか!
ヒシナタリー首だけリード! ヒシナタリーだ!ヒシナタリー1着! そして2着にマジックキス!
13番のヒシナタリー1着! 2着に追い込んできた9番のマジックキス!」
(杉本清アナウンサー)
1996年有馬記念(1着サクラローレル)
「さあ、サクラローレルか!マーベラスサンデーか! 内のほうから4番のマイネルブリッジ!
6番のサクラローレルが抜け出した! サクラローレルが抜け出した! サクラローレルだ!
サクラローレルです!! グランプリ史上、初めてサクラの名前が刻まれます!
(堺正幸アナウンサー)


90〜92年93〜94年95〜96年97〜98年99〜00年01〜02年03年04年
Horse Life(競馬名実況集)